マルハンが「勤務シフト作成お助けマン」を導入

縦Mロゴ人生にヨロコビを鉄道情報システム株式会社(JRシステム)は、株式会社マルハン様に「勤務シフト作成お助けマン」を導入し、パチンコホールのシフト表作成業務の省力化に大きく貢献した導入事例を公開しました。

マルハン様は、パチンコホールを中心にボウリング、アミューズメント、シネマなどの総合エンターテイメント事業を展開しており、アミューズメント業界No.1の売上と約2.2億人の年間来場者数という圧倒的なスケールで業界を牽引しています。

店舗のシフト表作成業務の課題は以前よりありましたが、フルタイム勤務ではなく、週1日や2日の勤務など、働き手が自由に時間を組む働き方が広まってきたことで、よりシフト表作成が複雑になっていました。その課題を解決するシフト表作成ツールとして、今回、JRシステムの「勤務シフト作成お助けマン」を導入にするに至りました。

「勤務シフト作成お助けマン」は、シフトパターンやスタッフグループを多く設定することができ、複雑なシフト表でも自動で作成することができる点が評価されました。今まで丸2日かかっていた作業が数時間に削減し、不公平感がないシフト表の作成を実現。紙で集めていたシフト希望も今はスタッフ各自がスマホから入力でき、完成したシフト表もスマホから見ることができます。

担当者はシフト表作成業務から解放され、本来の業務である店舗の運営管理や営業計画立案、スタッフの
指導教育に時間を使えるようになり、店舗運営の改善に貢献しています。

詳細は以下のマルハン様の導入事例ページをご参照ください。
https://www.otasukeman.jp/service/detail17

 

働き方改革におけるシフト作成ガイドダウンロード