コールセンターコールセンター

「忙しいのにスタッフが少ない!」「暇なのにスタッフが多い!」そんなことがスタッフ、経営層から注意されていませんか?小売業や飲食業、サービス業だけでなく、コールセンターや物流倉庫など、さまざまな現場でこのような問題は発生しているようです。それらは作成されたシフト表が原因かもしれません。今回はそんな繁忙・閑散などの作業量に対応したシフト表を作成する際に考慮すべき点、注意しておきたい点について解説します。

はじめに

JRシステムは、日本ATM株式会社様が「勤務シフト作成お助けマン」を導入した事例を公開しました。

勤務シフト作成お助けマン導入事例(日本ATM様)【URL】https://www.otasukeman.jp/service/detail18

日本ATM様は、都市銀行や地方銀行におけるATM・CD(現金自動支払機)などの自動機の企画から導入、保守、運用に至るまでのサービスを一貫して提供しています。ATM監視業務を請け負い、24時間365日対応を含むセンターが全国に配置されています。

「勤務シフト作成お助けマン」の導入により、コールセンター業務のシフト作成の省力化を実現しました。

コールセンターの需要はなくならない

コールセンターのスタッフは何人ぐらいでしょうか。10人、20人・・・。多くの場合は、小規模でも20人以上が多いようです。

インターネット環境が整い、スマートフォンの普及が進み、誰もがいつでもどこでも簡単にインターネットを利用できる時代。何かわからないことがあれば、メールやホームページから簡単にお問合せができます。ただ、どんなにテクノロジーが進んでも人による電話対応はなくなりません。

1