新着記事

シフト表はあらゆる現場で作成されています。小売業、飲食業、サービス業の店舗や、コールセンター、システム運用、警備、ホテル、医療、介護など。曜日関係なく勤務する必要がある現場や、勤務時間が長く、交代で働く必要がある現場では必須となります。シフト表がないと業務は上手く回りませんし、店舗の場合などはお客様に迷惑をかけてしまい、売上にも影響を及ぼしてしまうものです。

そんなシフト表作成の業務ですが、自動で作成してくれるソフトウェアがあり、上手く活用して、業務効率化を図っている企業が増えてきています。今回は、どうしてシフト表作成に自動化が必要なのかという理由を改めて解説します。

「シフトはいつ頃できますか?」とスタッフから催促された経験はありませんか?

他の業務が忙しくてなかなかシフト作成に取り掛かれない。スタッフの希望や勤務の条件を考えていたら、混乱してシフト表を作るのに時間がかかってしまう。

シフトを早く発表したいけれども思うようにいかない状況で、スタッフからシフトを催促されるのは辛いものです。同様にシフトを待っているスタッフも、プライベートの予定がたてられずモヤモヤしているかもしれません。

シフト作成者とスタッフのモチベーションが下がる前に状況を改善してみませんか?今回は、シフト表を早く出せるようにする方法について解説します。

深夜勤務は体に負担がかかることは、深夜勤務をしたことがない人でも、容易に想像はできるでしょう。本来体を休めるべき深夜の時間帯に活動的に働き、活動がしやすい日中に休みをとる必要があり、そのような生活を継続させることは想像以上に疲労を貯めることになります。今回はそんな深夜勤務の問題や、身体への負担を和らげる正循環といわれるシフト表作成の考え方について解説をします。

パートスタッフから、「扶養の範囲内で働きたい」と言われたことはありませんか?

毎月何時間勤務するかの管理を各スタッフに任せていたら、年末のシフト表を作成するときになって、スタッフから「年収を103万円に収めたいので12月はほとんどシフトに入れません…」と言われ、慌てたことはありませんか?

パートスタッフが「扶養の範囲内で働きたいかどうか」「どのくらいの年収を想定しているか」というのは、シフト表を作成するうえで大事なポイントの一つになります。

年末の繁忙期に、年収の上限を気にしてシフトに入れないスタッフが出る前に、「扶養の範囲」について再度確認をし、今から各スタッフの勤務時間を意識したシフト表を作成してみませんか?

今回は、「扶養の範囲」を意識したシフト表をどのように作成するか解説します。

小売業、飲食業、サービス業の店長のみなさま。毎回のシフト表作成で頭を悩ませてはいませんか?パート・アルバイトのシフト表は、自動作成の機能があるソフトに任せることで、解決ができます。今回はそんなパート・アルバイトのシフト表の自動作成について解説します。

「忙しいのにスタッフが少ない!」「暇なのにスタッフが多い!」そんなことがスタッフ、経営層から注意されていませんか?小売業や飲食業、サービス業だけでなく、コールセンターや物流倉庫など、さまざまな現場でこのような問題は発生しているようです。それらは作成されたシフト表が原因かもしれません。今回はそんな繁忙・閑散などの作業量に対応したシフト表を作成する際に考慮すべき点、注意しておきたい点について解説します。

多くの企業が採用している週休2日制。その1週間のうちの休みを1日増やして、週休3日制とする働き方が、注目を浴びています。JRシステムが提供する「勤務シフト作成お助けマン」でも、週休3日制の採用をきっかけに、シフト作成の自動化に踏み出したお客様がおられます。今回の記事では、その週休3日制について解説します。

みなさんは、このような経験ありますか? 

昨年名古屋に出張に行ったときのこと。昼休みにシアトル系コーヒーショップで注文をした際に、店員さんから「お仕事がんばってください」と声をかけていただきました。

よっぽど疲れていた顔をしていたのか?確かにこの後重要な打合せが控えていたので緊張していたのか?どのように見えたのかわかりませんが。

ただ、とてもうれしかったのと、その後すがすがしい気分でお客様との打合せに臨めたのを今でも覚えています。

さて、現在未曾有の状況の中、どのように毎日を過ごしていますか?外出を控え、慣れない在宅勤務を行っていらっしゃる方も多いかと思います。こんなときだからこそ、“本当の働き方改革”とはどういうものなのかを、シフト作成システム(ツール)の導入を通じて考えてみました。

シフト作成者のみなさん、お疲れ様です。

シフト作成には、想像よりも多くの時間と労力(経験)を費やします

自社の勤務条件や必要人数、スキルによる人員配置、新人の教育の考慮、イベント日の増員など、シフト作成者の経験により蓄積されたノウハウが非常に重要となっていると思います。

今回はそんなシフト作成者のみなさんが抱える問題、悩みについて解説します。

はじめに

JRシステムは、日本ATM株式会社様が「勤務シフト作成お助けマン」を導入した事例を公開しました。

勤務シフト作成お助けマン導入事例(日本ATM様)【URL】https://www.otasukeman.jp/service/detail18

日本ATM様は、都市銀行や地方銀行におけるATM・CD(現金自動支払機)などの自動機の企画から導入、保守、運用に至るまでのサービスを一貫して提供しています。ATM監視業務を請け負い、24時間365日対応を含むセンターが全国に配置されています。

「勤務シフト作成お助けマン」の導入により、コールセンター業務のシフト作成の省力化を実現しました。