<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
新着記事

美容院のシフト管理は、スタッフごとのスキルや雇用形態、他店舗へのヘルプなど、考慮しなければならないことが多く、大きな業務負担となります。シフト管理で生じやすい課題を整理したうえで、負担を軽減するために自動化システムの導入を検討してみましょう。

24時間営業のコンビニでは、常に誰かが出勤している状態になるようシフトを作成しなければなりません。欠員が生じやすい状況では、シフトの調整作業に追われてしまいます。シフトを作成する際に発生しやすい問題を洗い出し、あらかじめ有効な対策を講じることが大切です。

慢性的な人手不足が生じてしまうと、従業員の負担が増えてしまうだけでなく、提供するサービスの質が低下する恐れがあります。一時的な要因で人手不足が発生しているのか、中長期的な人手不足が起こっているのかを見極めることが肝心です。

せっかく時間をかけてシフト表を組んでも、「シフトを変更してほしい」とバイトスタッフから言われて困ってしまうことがあります。少ない人数でシフトを組んでいたり、繁忙期で少しでも人手がほしかったりする場合には、どのように調整すべきか頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

品質の良い製品を安定的に作り続けるためには、効率良く工場を稼働させることが重要です。一方、長時間作業は従業員の負担につながることもあるので、適切なシフト管理を行う必要があります。勤務形態ごとの基本的な特徴を理解したうえで、自社に合ったシフトを組んでみましょう。

外国人労働者の数は年々増加しており、日本でアルバイトをする外国人留学生も少なくありません。しかし、留学生の労働時間には規定があります。違反した場合、 留学生は「不法就労」、雇用主は「不法就労助長罪」に問われるケースも あるのです。外国人留学生を雇用する企業やシフト管理者は、正しい労働条件や規定を把握しなければなりません。 今回は、外国人留学生の労働時間や違反した際の罰則、対策について解説します

シフト管理者は極力、従業員が希望するシフト表作成を心がけていると思います。ところが、すべての希望に沿ったシフト表を毎月作成できているケースは少ないのではないでしょうか。

スーパーやコンビニ、百貨店など、小売店舗で欠かせないのがレジ業務です。顧客と直接のやり取りも多く、金銭の受け渡しを担うレジ部門は非常に重要な役割を担っています。 レジ部門のシフト管理を最適化するのも、大事な経営判断の一つといえるでしょう

ひとくちに「休日」と言っても、労働基準法上では意味合いが違うことをご存知でしょうか。また、休日出勤のルールや年間休日数なども法律で定められており、違反すると罰則の対象となります。今回は、労働基準法における「休日」の定義や付与のルール、違反したときの罰則などを解説していきます。「休日」を正しく理解して、正しい勤務環境を心がけましょう。

0歳から小学校入学前まで、さまざまな年齢の子どもが集まる保育園。家庭環境によっては、一日の大半を保育園で過ごす子どももいます。保育士のキャリアやクラスの人数を考慮し、子ども一人ひとりをケアできる体制で対応しなければ、重大な事故が発生しかねません。