<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

百貨店やデパートでは営業時間が長いため、2交代制が多く採用されています。また基本的に、土日祝日の多くが営業しており、繁忙期もあるため変形労働時間制を導入しやすい業種でもあります。

百貨店やデパートで働く従業員は、どのようなシフトになるのでしょうか。ここでは、サービス業の勤務体制や働き方、変形労働時間制を導入する際の注意点などについて解説していきます。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト制で働いている場合、収入が一定額を超えると社会保険、または国民健康保険に加入する必要があります。
 社会保険や国民健康保険に加入するなら「これらの保険はどのようなものか」という内容について理解しておきたいところです。
 この記事では、社会保険や国民健康保険の内容について説明したうえで、これらの保険に加入できる条件について説明します。
 この記事を読んで「今の収入なら保険に加入できるかどうか」ということを理解できるようにしておきましょう。
 

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト制の働き方は、短時間勤務のパートやアルバイトのみならず、正社員にも取り入れられています。シフト制の働き方は、平日に出勤して土曜や日曜に休む働き方と比べると休日や勤務時間が固定的ではなく、変則的な点が特徴的です。しかし、ほぼ毎日営業している企業や店舗にとっては、シフト制によって人員を手配できるため、多くの企業で導入しています。

正社員のシフト制は主にどんな業種で取り入れられているのでしょうか。そのほか、正社員がシフト制で働いている場合のメリット・デメリット、シフト作成時に気をつけたいポイントについてもみていきます。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト制を導入している職場では、アルバイトスタッフのシフト作成をうまくいかずに悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。スタッフからの不満には様々ありますが、中には「希望を出しているのにシフトに入れてもらえない」というものもあります。

シフト管理者は現状を把握し、理由をきちんと述べることができるでしょうか。そこで今回は、シフトを入れない理由を振り返りながら、正しく判断しているかを見極めていきましょう。

また調整したシフトの組み方、シフト表作成で最低限覚えておきたいポイントについてもまとめています。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

高校生のアルバイトを雇用するとき、18歳以上と18歳未満では労働条件が異なります。18歳未満の高校生は、労働基準法によって特別な保護規定があるため雇用前に内容を確認しておきましょう。

ここでは、労働基準関係法令を参考にしながら、高校生のアルバイトはどのような規定があるのか、どのくらいシフトを入れることができるのかといった目安を紹介するほか、高校生を雇用するメリットや注意点についても紹介していきます。

更新日:2022/06/09

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト表の作成に困っている企業は多いものです。誰もが知っている大企業でもエクセルを使っていたり、場合によっては紙と鉛筆で、手書きで作成していたりします。今の時代、自分たちが望むような自動作成ができるソフトやサービスはあるのでは?と考えている方もいるかもしれません。今回は、そんなシフト表の自動作成ソフト・サービスについて知っておいてほしい知識や、正しい選び方について解説します。後半には、シフト管理に特化したシステムの中でも、自動作成に特長としているサービスを厳選してご紹介していますので、導入の検討の際には参考にしてください。

更新日:2022/6/10

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

近年、ビジネスにおいて「クラウドファースト」が広まっています。これは企業が導入、更新するシステムの運用基盤として“クラウドサービスの活用を第一とする考え方”です。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

薬局とドラッグストアは、同じような業種のイメージがありますが実際には厳密な違いがあります。特にドラッグストアでは、様々な施設形態、異なる勤務形態、雇用形態のスタッフが働いており、シフト作成も他の業種と違ってくるため注意が必要です。

この記事では、薬局とドラッグストアの違い、仕事内容やシフトの組み方、ドラッグストアでのシフト作成のポイントなどについて説明していきます。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト制の働き方は、始業時間と終業時間のパターンが何通りもあるため、初めてシフト制の働き方をする場合、複雑に感じてしまうのではないでしょうか。シフト制での働き方は就業規則に記載されているため、就業規則で確認する方法があります。

この記事では、そもそも就業規則とはどのようなものなのか、そして、就業規則にはシフト制の働き方がどのように記載されているのか、という点について説明します。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

2021年4月に高年齢者雇用安定法が改正され、定年が60歳から65歳に引き上げられました。多くの企業でも継続雇用制度などを活用し、継続して働ける環境を整えつつあります。

シフト管理においても、人手不足を補う上でシニアは重要な存在です。そこで今回は、高年齢者雇用安定法について理解しながら、高年齢者の現状や働き方、法律を踏まえた高齢者雇用、就業の際に配慮するべきポイントを解説していきます。