<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

0歳から小学校入学前まで、さまざまな年齢の子どもが集まる保育園。家庭環境によっては、一日の大半を保育園で過ごす子どももいます。保育士のキャリアやクラスの人数を考慮し、子ども一人ひとりをケアできる体制で対応しなければ、重大な事故が発生しかねません。

病院は人の命に携わる現場です。24時間体制で働く看護師・ナースの勤務体制は非常に複雑で、シフト作成者にとって「スピード」や「公平性」の確保は悩みの種でしょう。この記事では、誰もが満足し、安心できる看護師・ナースのシフト表作成の注意点やコツを紹介していきます。

飲食店や小売業などで、アルバイトスタッフのシフト管理に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。高校生、大学生、主婦、フリーターなどさまざまな属性の人が集まるアルバイトのシフト管理は、非常に複雑です。

近年、ビジネスにおいて「クラウドファースト」が広まっています。これは企業が導入、更新するシステムの運用基盤として“クラウドサービスの活用を第一とする考え方”です。

有給休暇は労働基準法第39条において定められており、使用者であっても労働者であっても、誰もが知っておくべき内容です。また、働き方改革関連法案が施行されたことにより、有給休暇の取得義務が企業に課せられ、罰則規定もできたことから、さらに注目されるようになりました。そんな有給休暇ですが、正しく理解できていますでしょうか?今回は、シフト作成者なら必ず知っておかなければならない有給休暇について解説をします。

ホテル・旅館などの宿泊業は、休みなく24時間365日稼働しているイメージはあるでしょう。稼働時間が長いため、交代勤務をする必要があり、シフト表作成は必須の業務となります。

弊社のユーザーにおいても宿泊業の方々のご利用は多く、シフト表作成にさまざまな問題を抱えており、それらを解決したいとの思いから「勤務シフト作成お助けマン」をご導入いただいております。

今回は、そんなホテル・旅館のシフト表を作成について、問題や課題、是非知っておいてほしいことについて解説をします。

超高齢化社会の日本において、介護業界はこれからますます必要とされる業界と言えるでしょう。以前は自宅で家族が介護をする方も多かったですが、介護サービスを利用する人も増加しており、そうした介護スタイルの変化において、介護施設は重要な役割を果たしています。

しかしながら、介護業界は慢性的な人手不足で悩んでおり、満足なサービスが提供できなくなってしまう施設も中にはあります。人手不足という状況もあり、シフト表作成に関する介護施設様からのお悩みやご相談も、弊社に多く届けられています。

今回は、そんな介護業界におけるシフト表作成の問題と、その解決方法である自動作成のメリットについて解説をします。

更新日:2021/06/28

みなさまは、自身が働いている職場においてシフト表を見たことはありますか。「ある」と答える方は結構多いと思います。実際にシフト表はあらゆる現場で作成されています。小売業、飲食業、サービス業などの店舗を持つ業種や、コールセンター、警備、ホテル、医療、介護などの勤務時間を特定のパターンに分けるような業種などが該当します。曜日関係なく勤務する必要がある現場や、勤務時間が長く、交代で働く必要がある現場においてはシフト表の作成は必須となります。シフト表がないと業務は上手く回りませんし、店舗の場合などはお客様に迷惑をかけてしまい、売上にも影響を及ぼしてしまうものです。

そんなシフト表は作成に時間が掛かってしまう印象がありますが、自動で作成してくれるソフトウェアがあり、上手く活用することで業務効率化を図ることが可能です。 ...

「シフトはいつ頃できますか?」とスタッフから催促された経験はありませんか?

他の業務が忙しくてなかなかシフト作成に取り掛かれない。スタッフの希望や勤務の条件を考えていたら、混乱してシフト表を作るのに時間がかかってしまう。

シフトを早く発表したいけれども思うようにいかない状況で、スタッフからシフトを催促されるのは辛いものです。同様にシフトを待っているスタッフも、プライベートの予定がたてられずモヤモヤしているかもしれません。

シフト作成者とスタッフのモチベーションが下がる前に状況を改善してみませんか?今回は、シフト表を早く出せるようにする方法について解説します。

深夜勤務は体に負担がかかることは、深夜勤務をしたことがない人でも、容易に想像はできるでしょう。本来体を休めるべき深夜の時間帯に活動的に働き、活動がしやすい日中に休みをとる必要があり、そのような生活を継続させることは想像以上に疲労を貯めることになります。今回はそんな深夜勤務の問題や、身体への負担を和らげる正循環といわれるシフト表作成の考え方について解説をします。