<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

2月18日(火)-21日(金)の4日間、幕張メッセにて開催される「第48回 国際ホテル・レストラン・ショー」に、『勤務シフト作成お助けマン』『シフトデザイナー』を出展いたします。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。

近年の働き方で問題視されている過重労働。残業をし過ぎて体を壊してしまうという事例も少なくありません。働き方改革では、事業者に対して従業員の適正時間労働を呼びかけています。しかし、事業者によっては従業員に残業をさせなければならないケースもあるでしょう。

1月22日(水)-24日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催される「SCビジネスフェア2020」に、『勤務シフト作成お助けマン』『シフトデザイナー』を出展いたします。

鉄道情報システム株式会社(JRシステム)は、株式会社マルハン様に「勤務シフト作成お助けマン」を導入し、パチンコホールのシフト表作成業務の省力化に大きく貢献した導入事例を公開しました。

働き方改革を推進しようとすると、必ずといっていいほど、今までのシフト表の作成方法を変えなければならない事態に陥ります。今回は、企業が働き方改革に対応する上で、シフト表作成に関わる影響や注意すべき点について説明します。

働き方改革に関連する法改正が2019年4月より施行されています。中でも「客観的方法による労働時間の把握」が義務化。管理職らが従業員の労働時間を把握することは、企業の責務となりました。

鉄道情報システム株式会社が提供する「勤務シフト作成お助けマン」が特定非営利法人ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアムが主催する「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019」の「ASP・SaaS部門支援業務系分野」において、「先進技術賞」を受賞しました。

勤務シフト作成お助けマンの自動作成機能を含めた一連のサービスが、先進的な技術をもった優秀なサービスであると評価されました。

コールセンターの需要はなくならない

コールセンターのスタッフは何人ぐらいでしょうか。10人、20人・・・。多くの場合は、小規模でも20人以上が多いようです。

インターネット環境が整い、スマートフォンの普及が進み、誰もがいつでもどこでも簡単にインターネットを利用できる時代。何かわからないことがあれば、メールやホームページから簡単にお問合せができます。ただ、どんなにテクノロジーが進んでも人による電話対応はなくなりません。