<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

日本では、以前からテレワークの必要性が高まっていましたが、新型コロナウイルスによる感染症対策で、企業はさらに対応が迫られるようになりました。今回は、テレワークに関する解説と、テレワーク、在宅勤務、時差出勤が、シフト表作成にどのように影響を与えるのかについて解説をします。

春は、卒業・入学シーズンです。皆さんの職場も、3月は学生アルバイトの卒業に伴う退職、4月は新入社員やアルバイトやパートの入社、社内の配置転換等により、スタッフの入れ替わりが多い時期ではないでしょうか。

業務に慣れているスタッフが異動・退職し、新人スタッフの割合が高くなることとなり、業務を行う上で不安な面もあります。そのため、新たに入ってきたスタッフが、いち早く現場の業務に慣れるように教育・指導していくことで、その不安を払拭する必要があります。

スタッフの入れ替えはシフト作成の業務に大きく影響を与えるものです。今回は新年度にありがちなシフト作成に関わる問題、課題について解説をします。

スマートフォンが普及したことで、シフト管理アプリも多くリリースされています。これまでは、従業員もシフト管理者も紙に記載されていたシフト表を確認し、スケジュール帳にメモをするなどの対応をしていました。しかし、シフト管理アプリはいつでもどこでもシフトをチェックすることが可能。確認漏れによる欠勤などを防ぐことができます。

シフト勤務を行っている職場では、作成されたシフト表について様々な不満を抱えているものです。働き方や休み方に関わってくるものであり、スタッフからの不満が全くない現場は皆無でしょう。今回は、そんなシフト表に関するスタッフの不満、「シフト表あるある」「シフト制あるある」をまとめてみました。どの職場でも同じような問題を抱えているのではないでしょうか?

更新日:2021/06/28

現在の企業や事業所では、エクセルでシフト表を作成することが多いのではないでしょうか。日頃の業務で使い慣れているエクセルは、シフト表作成においても欠かせないツールといえます。

小売業の店長が毎回悩んでいるシフト表作成。そのシフト表作成を行う前に知っておいてほしいこと、注意しておかなければならない点について解説します。

従業員満足度や生産性の向上を目的とした働き方改革。これらを後押しするのがIT技術です。例えば、従来のオフィスに見られた「自分の席と固定電話」は徐々に減少。フリーアドレスを持ちノートPC、タブレット、スマートフォンを駆使すれば、どこでも働けるようになりました。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。

近年の働き方で問題視されている過重労働。残業をし過ぎて体を壊してしまうという事例も少なくありません。働き方改革では、事業者に対して従業員の適正時間労働を呼びかけています。しかし、事業者によっては従業員に残業をさせなければならないケースもあるでしょう。