<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

春は、卒業・入学シーズンです。皆さんの職場も、3月は学生アルバイトの卒業に伴う退職、4月は新入社員やアルバイトやパートの入社、社内の配置転換等により、スタッフの入れ替わりが多い時期ではないでしょうか。

業務に慣れているスタッフが異動・退職し、新人スタッフの割合が高くなることとなり、業務を行う上で不安な面もあります。そのため、新たに入ってきたスタッフが、いち早く現場の業務に慣れるように教育・指導していくことで、その不安を払拭する必要があります。

スタッフの入れ替えはシフト作成の業務に大きく影響を与えるものです。今回は新年度にありがちなシフト作成に関わる問題、課題について解説をします。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト勤務を行っている職場では、作成されたシフト表について様々な不満を抱えているものです。働き方や休み方に関わってくるものであり、スタッフからの不満が全くない現場は皆無でしょう。今回は、そんなシフト表に関するスタッフの不満、「シフト表あるある」「シフト制あるある」をまとめてみました。どの職場でも同じような問題を抱えているのではないでしょうか?

小売業の店長が毎回悩んでいるシフト表作成。そのシフト表作成を行う前に知っておいてほしいこと、注意しておかなければならない点について解説します。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。

近年の働き方で問題視されている過重労働。残業をし過ぎて体を壊してしまうという事例も少なくありません。働き方改革では、事業者に対して従業員の適正時間労働を呼びかけています。しかし、事業者によっては従業員に残業をさせなければならないケースもあるでしょう。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

働き方改革を推進しようとすると、必ずといっていいほど、今までのシフト表の作成方法を変えなければならない事態に陥ります。今回は、企業が働き方改革に対応する上で、シフト表作成に関わる影響や注意すべき点について説明します。

働き方改革に関連する法改正が2019年4月より施行されています。中でも「客観的方法による労働時間の把握」が義務化。管理職らが従業員の労働時間を把握することは、企業の責務となりました。

コールセンターの需要はなくならない

コールセンターのスタッフは何人ぐらいでしょうか。10人、20人・・・。多くの場合は、小規模でも20人以上が多いようです。

インターネット環境が整い、スマートフォンの普及が進み、誰もがいつでもどこでも簡単にインターネットを利用できる時代。何かわからないことがあれば、メールやホームページから簡単にお問合せができます。ただ、どんなにテクノロジーが進んでも人による電話対応はなくなりません。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

公平なシフトとは、スタッフの希望を反映させ、皆が満足するシフト表を指します。ただし、全ての希望を満たすのは非常に難しく、常にシフト管理者の悩みの種となっています。

公平なシフトの作り方とは?今回は「シフトの公平性」とシフト管理ソフトを利用した実現について説明します。