シフト表作成に影響がある週休3日制を徹底解説!

four-day workweek system

多くの企業が採用している週休2日制。その1週間のうちの休みを1日増やして、週休3日制とする働き方が、注目を浴びています。JRシステムが提供する「勤務シフト作成お助けマン」でも、週休3日制の採用をきっかけに、シフト作成の自動化に踏み出したお客様がおられます。今回の記事では、その週休3日制について解説します。

  1. 注目される週休3日制
  2. 人手不足で休みを増やす?
  3. 週休3日制のメリット
  4. 週休3日制の勤務パターン
  5. 週休3日制で注意すべき点
    週休3日制を採用する目的を明確に
    生産性を高める必要がある
    事業運営で支障が出ないようにする
  6. 週休3日制によるシフト作成はお助けマンの自動作成で

注目される週休3日制

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、社会、企業がさまざまな対応を迫られています。そんな中、感染予防対策の一つとして「週休3日制」というキーワードが注目を浴びるようになりました。

例えば、経団連が「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」において、週休3日制が有効な対策の一つとして挙げたことや、東芝が工場の生産現場の従業員に週休3日制を導入するというニュースがありました。

海外では、ニュージーランドのアーダーン首相が週休3日制の導入を企業に呼び掛けるということも取り上げられています。こちらは、感染予防対策だけではなく、余暇を増やして観光市場を拡大し、傷ついた経済を復興させる狙いもあるようです。

アフターコロナ?ポストコロナ?ウィズコロナ?で、週休3日制を多くの人が経験すれば、新しい普通「ニューノーマル」として定着するかもしれません。

 

人手不足で休みを増やす?

新型コロナウイルスの感染対策の前から、週休3日制は注目されていました。週休3日制を採用する一番大きな要因に、人材確保が挙げられます。

「人手不足なのに、なぜ休みを増やすのか?」と疑問に思われるかもしれませんが、人材が不足しているために、色々な立場の人に働いて、活躍してもらう必要が出てきたのです。

今までのように週5日、フルタイムで勤務ができる人だけで、企業経営をしていくには限界がきています。育児をする人は働けない。介護をする人は働けない。何らかの事情で、週5日フルタイムで勤務できない人は働けない。そういう会社では、優秀な人材はさらに集まらなくなるでしょう。

男性、女性関係なく誰もが育児をするのは当たり前。介護は誰もが経験する可能性があります。誰だって何らかの事情で今までのような週5日フルタイムの働き方ができないときが来るかもしれません。

人手不足解消のため、働きやすさを競い、「優秀な人を確保する」「離職率を減らす」必要性が企業には求められているのです。その対策の一つとして週休3日制は、働きやすい職場を実現する一つとして注目されるようになりました。

週休3日制のメリット

週休3日制のメリットとしては、まとまったプライベートの時間が確保できる点が挙げられます。

育児や介護に限らず家族との時間を多く確保したり、趣味の時間を充実させたりすることで、リフレッシュした状態で仕事をしてもらうことが、従業員には期待できます。

また、自己啓発の時間に充てて、スキルアップしてもらうことも期待できるでしょう。

週休1日が当たり前だった日本で、週休2日制を早くから始めたのはパナソニックを創業した松下幸之助ですが、単に休みを増やしたかったわけではありません。「1日休養、1日教養」という方針で、1日は教養に充ててほしいという考えがありました。

週休3日制によって、資格取得のための勉強であったり、学校に通ったりして学ぶ機会を増やすことができます。勉強だけでなく、ボランティアや地域活動、場合によっては副業も会社以外で学ぶ機会と言えます。

会社以外での活動を通じて得た経験を、各従業員が企業に持ち寄ることで、イノベーションを促進させることが期待できるのです。

週休3日制の勤務パターン

週休2日制から週休3日制に移行する場合には、労働時間が変更しないケースと、1日休業扱いとして、労働時間を減らすケースがあります。

労働時間が変更しないケースは、変形労働時間制を採用し、例えば18時間、週5日勤務だったのを、110時間、週4日勤務とするものです。

このケースでは、週の労働時間は40時間で変わりませんので給与は変わりません

変形労働時間制については、こちらの記事でも解説しています

変形労働時間制とは?正しい運用のためのシフト表自動作成のススメ

 

もう一つの1日休業扱いとして、労働時間を減らすケースは、単に週の休みを1日増やすというものです。例えば、18時間、週5日勤務だったのを、18時間、週4日勤務となるので、週の労働時間としては40時間から32時間に減少します。

このケースでは、給与水準が維持される場合と、給与水準を下げる場合があります。

給与水準を下げる場合においては、成果主義が浸透している企業での影響はあまりないかもしれませんが、給与水準を下げる分、副業を認めることとセットで取り組む企業もあります

 

週休3日制で注意すべき点

多様な働きやすさを実現できる週休3日制ですが、いくつか採用する上で注意すべき点があります

週休3日制を採用する目的を明確に

どんな制度でも言えることですが、採用するには何らかの目的があるはずです。週休3日制を採用することで、企業としてどういう問題、課題を解決したいのか。どういう会社にして、何を達成したいのかを明確にする必要があります。

目的が新型コロナウイルスの感染拡大防止策で、従業員の健康を守るということであれば、期間限定の制度となるかもしれません。働きやすくして、従業員満足度を上げて、離職率を下げるということが目的であれば、恒久的な対応として検討することになるでしょう。

明確な目的がなく、単に世の中の流れだからという理由で採用した場合、上手くいかなかったときの軌道修正ができない可能性があります。

生産性を高める必要がある

休みを週1日増やすからといって、業績を落として良いという話には通常はなりません。働きやすさを実現しながらも、業績を向上させることが求められています

そのためには、各従業員の働き方の質を重視し、生産性を向上させなければなりません。

まずは、無駄な業務はそもそもやらない。必要な業務もAIやロボットを活用した自動化やアウトソーシングで効率化を図る。

仕事の量よりも質と追求する方策をとる必要があるのです。

事業運営で支障が出ないようにする

週休3日制は、1日全く出社しない日が増えることになります。今までの事業運営の方法を変更する必要も出てくる可能性があります

例えば、従業員の休みも、休業日も3日間で同じであれば、事業運営に大きな変更はないかもしれません。

しかし、各従業員の休みは3日、休業日は2日のままということであれば、事業運営の方法を変えないと、誰も出社しない日が発生したり、必要なスキルを持った従業員が誰も出社しない日が発生したりするかもしれません。

そうならないためにも従業員を上手くローテーションで回すなどして、事業運営に影響がないようにする方策をとる必要があります

週休3日制によるシフト作成はお助けマンの自動作成で

今回の記事では、新しい働き方として注目されている週休3日制について解説をしました。

今は週休2日が当たり前になっていますが、もしかしたら今回の新型コロナウイルスの感染対策をきっかけに週休3日制が常識に変わるかもしれません。

最後にも述べましたが、週休3日制にするには、出勤のローテーションを組む必要性があります。今まではシフト作成に無縁だった企業でも、シフト作成の必要性に迫られるでしょう。

シフト作成は、誰もが簡単にできると思われますが、いざやってみると、就業規則を守り、公平で、従業員の希望を叶えてあげることは非常に難しいものなのです。

 

こちらの記事でシフト作成の難しさ、シフト作成者の苦労について解説しています

シフト表作成者はつらいよ!?多くの時間と労力を費やすシフト表作成の問題について

シフト表作成者はこんなことで困っている!~飲食店編~

こんなシフトは嫌だ!問題あるシフト表を作成していませんか?

 

土日の休みがない店舗や職場では、既にシフト作成を行っていますが、週休3日制によって、さらにシフト作成が難しくなるでしょう。

勤務シフト作成お助けマン」は、週の休みの回数や週の労働時間をはじめとした各種勤務条件を設定することができ、その勤務条件にあったシフト表の自動作成ができるソフトです。

もし週休3日制を採用し、「シフト作成が必要になった」「今までよりシフト作成が難しくなった」といった場合には、是非、「勤務シフト作成お助けマン」をお試しください。2か月間無料でトライアルが可能です。

 

働き方改革におけるシフト作成ガイドダウンロード