<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=996778721472776&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

新着記事

ワークライフバランスを重視する考え方の広がりや、働き方改革、それによる生産性向上などが叫ばれる昨今の情勢も背景に、労働時間の把握・適正な管理の徹底に強い関心が集まってきています。リモートワークとの組み合わせや副業・複業の推進といった柔軟な働き方が導入されていく中で、かつて以上に労働時間の管理が困難になっている職場もあるでしょう。

シフト制を敷いている職場でも、そもそもその労働時間管理は複雑になりがちであるほか、近年顕著な人手不足から、シフトの勤務時間帯として定めた労働時間のみでは業務が終わらないケースがしばしば発生する、頻繁に休日出勤を命じるかたちでシフトを組まなければ回らないといった困難を抱えている企業も多いのではないでしょうか。こうした残業ありきの勤務シフトは、しばしば従業員に疑問を持たれたり、不満を抱かせたりするもとになります。 ...

「遅刻をしないのは社会人として当然の常識」とは言われるものの、遅刻をしてしまう人は一定数存在し、時にはやむを得ない事情もあります。しかし、遅刻を繰り返すことは業務に差し支える可能性があり、それがシフト制であればなおさらです。 勤怠管理では、遅刻に対しどのように対応するべきでしょうか。ここでは、遅刻が発生する原因やボーダーラインなどを改めて把握し、指導や控除、措置を行う際の注意点などについて説明していきます。

更新日:2022/11/04

簡単な計算の実施から表の作成まで幅広く活用することが出来る、エクセルなどの表計算ソフト。シフト表の作成にもエクセルを活用している人は多いと思います。

その場合の1日ごとの勤務の表現方法は、「早番」「夜勤」などの勤務記号を用いている場合が多いと思います。その記号を見ればどのスタッフが何時から何時まで勤務しているのか、従事しているスタッフの方々には一目瞭然でしょう。

しかし今は働き方も多様です。勤務時間はスタッフごとに細分化され、記号で表すにはもはや数が増えすぎてどの記号がいつ働いている勤務なのか、理解が追い付かなくなっている場合もあるでしょう。すると最終的には勤務記号ではなく、勤務する時刻そのものをシフト表に書き込むことになります。

...

更新日:2022/11/04

簡単な計算の実施から表の作成まで幅広く活用することが出来る、エクセルなどの表計算ソフト。シフト表の作成にもエクセルを活用している人は多いと思います。

エクセルに少し慣れてくると、思った以上にレイアウトなどが自由に表現できることに気づき、紙で作っていた頃に比べるとカレンダー形式のシフト表の作成が格段に楽になったように感じられたのではないかと思います。

しかし何回かエクセルでのシフト表づくりを続けると少し欲が出てきて、毎回レイアウトを組むことが煩わしくなったり、組んだシフトのチェックに結構時間がかかったりといった悩みが出てはいないでしょうか?

今回の記事では、個人がエクセルを使ったシフト表管理をもっと楽にするために、もう少し凝ったシフト表テンプレートの作成方法についてご案内したいと思います。

勤務シフトによる管理を行っている職場では、報酬など待遇面とともに、およそ希望にそったシフトで働けるかどうかが、従業員の満足度を大きく左右するところとなります。無理なく、働きたいタイミングで働ける環境は、労働者にとって理想であり、満足度の高いものとなることはすぐに理解されるでしょう。しかし、従業員全員が完全に満足のいくシフトで回すということはきわめて困難で、現実には不可能なことがほとんどです。

業務を遅延させることなく進める、店舗運用に支障をきたさない計画を立てる、その観点から調整を行う管理者は、必要に応じてシフト変更を依頼するなど、諸対応をとらねばなりません。希望と異なるシフトを受け入れてもらうには、それなりの進め方や工夫が必要です。 ...

シフト制で働く場合、その週によって労働時間が異なるため「雇用保険」に加入できるかどうかはわかりにくいと感じるのではないでしょうか。 「雇用保険」に加入していれば、失業したときに失業給付を受けられるため、いざというときに備えて「雇用保険」に加入しておきたいと考える人もいることでしょう。
この記事では、シフト制の場合はどの程度働いたときに「雇用保険」の加入条件を満たすのか、という点と、「雇用保険」に関連して「労災保険」も加入できるかどうか、について説明します。

生まれてきた子供と対面してみると、とてもかわいらしくて感激もひとしおではないでしょうか。子育てが始まると、これまでの生活とは一変して毎日の生活は子供の面倒を見ることが中心となります。そのため、育児休職(育休)からの復職後は子供が生まれる前とは働き方を変えなければならないこともあるでしょう。

育児期間中はシフト制の働き方を選択する方法もあります。当記事では、育休後の各種働き方について紹介しますので、自分自身に適した働き方を選ぶ際の参考にしてみてください。また、育児期間中のスタッフがいる場合のシフト表の作成方についても説明します。

24時間体制で業務を行う企業は、日中や夕方以降、深夜の時間帯にもスタッフを配置しなければなりません。そのため、日勤のほかに夜勤のシフトも設ける必要があります。夜勤は日勤とは異なるシフトであるため、実際にシフトを作成してみると、どのように休憩を取れば良いか、また、休日はどのように設定すれば良いか、ということがわかりにくいと感じるのではないでしょうか。

この記事では、夜勤についての基本的な内容を説明したうえで、夜勤が明けた後の働き方や、夜勤中の休憩の取り方、夜勤明けの休日の取り方について説明します。

シフト制の働き方をする場合「シフト制でも残業をしないといけないのだろうか」という点が気になるのではないでしょうか。

この記事では、シフト制でも残業をする必要があるのか、また、残業をする場合手当が発生するのか、という点について説明します。シフト制の働き方をする前に、残業に関することについて理解しておきましょう。

主婦の仕事は家事や育児がメインですが、共働きをする家庭が多い現在では、収入を少しでも増やすために外で仕事をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

主婦の仕事をこなしつつ、外での仕事をするためには「シフト制」の仕事がおすすめです。シフト制とはどのような働き方で、どんなメリットがあるか、という点を中心に説明していきます。そのほか、シフトの組み方の一例も紹介しています。シフト制の仕事を始める前に参考にしてみてください。