<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=996778721472776&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

就業規則就業規則

シフト作成者にとって、シフトの作成は手間がかかる作業です。本部から指示された人件費予算に基づいて、現場のオペレーションをスムーズに回すためにも、適切なシフトを作成しなければなりません。やっとの思いでできあがったシフトをスタッフに公表すると、スタッフの中にはパワハラと感じてしまう人がいる場合もあります。

作成したシフトがパワハラと思われないために、シフトを作成するうえでの注意点について説明します。

ワークライフバランスを重視する考え方の広がりや、働き方改革、それによる生産性向上などが叫ばれる昨今の情勢も背景に、労働時間の把握・適正な管理の徹底に強い関心が集まってきています。リモートワークとの組み合わせや副業・複業の推進といった柔軟な働き方が導入されていく中で、かつて以上に労働時間の管理が困難になっている職場もあるでしょう。

シフト制を敷いている職場でも、そもそもその労働時間管理は複雑になりがちであるほか、近年顕著な人手不足から、シフトの勤務時間帯として定めた労働時間のみでは業務が終わらないケースがしばしば発生する、頻繁に休日出勤を命じるかたちでシフトを組まなければ回らないといった困難を抱えている企業も多いのではないでしょうか。こうした残業ありきの勤務シフトは、しばしば従業員に疑問を持たれたり、不満を抱かせたりするもとになります。 ...

生まれてきた子供と対面してみると、とてもかわいらしくて感激もひとしおではないでしょうか。子育てが始まると、これまでの生活とは一変して毎日の生活は子供の面倒を見ることが中心となります。そのため、育児休職(育休)からの復職後は子供が生まれる前とは働き方を変えなければならないこともあるでしょう。

育児期間中はシフト制の働き方を選択する方法もあります。当記事では、育休後の各種働き方について紹介しますので、自分自身に適した働き方を選ぶ際の参考にしてみてください。また、育児期間中のスタッフがいる場合のシフト表の作成方についても説明します。

シフト制の働き方をする場合「シフト制でも残業をしないといけないのだろうか」という点が気になるのではないでしょうか。

この記事では、シフト制でも残業をする必要があるのか、また、残業をする場合手当が発生するのか、という点について説明します。シフト制の働き方をする前に、残業に関することについて理解しておきましょう。

「欠勤」は、雇用形態に関わらず労働者に直接関わる言葉ですが、休むことだとは理解していても、それを定義できる労働者は少ないのではないでしょうか。ここでは、欠勤の意味やほかの休みとの比較を行いながら、事業者管理者として欠勤に対し適切に対応するため、欠勤控除の取り扱いや計算方法、適用する際の注意点などについて説明していきます。

1