<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
鉄道情報システム株式会社

鉄道情報システム株式会社

鉄道情報システム株式会社の記事一覧鉄道情報システム株式会社の記事一覧

飲食店で働いたことがある人は、シフト表がなかなか出来上がって来ないということを経験したことがあるかもしれません。これは店長などのシフト作成者による怠慢によりシフト表作成が後回しになっているというわけではなく、複雑なシフト表を作成するのに苦労した結果であると言えるでしょう。今回はそのような飲食店におけるシフト作成において考慮しなければならないポイントをご紹介します。

限られたリソースを最大限に生かすためには、スタッフごとの勤務時間や作業内容を把握したうえで、適切な勤務計画を立てる必要があります。作業の割り当てに過不足があれば、業務のピークタイムに人手が足りなくなったり、手の空いた時間に必要以上のスタッフが配置されていたりして無理や無駄が起こってしまいがちです。この記事では、効率的な作業管理に欠かせないワークスケジュールについて解説します。

サービスの質を高めることは、顧客満足度を向上させるために重要です。しかし、飲食業や小売業にありがちですが、過剰な人員を配置してしまうことにより人件費がかさむことがあります。効率的な人員配置を行ったうえでサービスの質を維持するには、WFM(ワークフォースマネジメント)の考えを踏まえて業務改善を行っていくことが必要です。この記事では、WFMの基本的なとらえ方やメリット、導入にあたって注意すべき点を解説します。

パートタイム労働者として働く労働者は全雇用者数の3割程度を占めており、企業の事業活動において欠かせない存在となっています。安心して働ける職場環境の整備が重要であり、法令に則った処遇を行うことが事業主には課せられていると言えます。

業務の効率化や生産性の向上に取り組むには、所属するスタッフを適切に管理していくことが重要です。スタッフの管理をしっかりと行っていく1つの方法として、「マンアワー」(Man-Hour)があげられます。

業務のムダやムラを無くし、社内のリソースを最大限に活用していくために必要となる施策を実行していきましょう。また、マンアワーは店舗のシフトを組むうえでも有効であり、多店舗展開を行っている企業にはより効果的です。

今回は、マンアワーのとらえ方や活用方法について詳しく解説します。

管理者の立場であれば、スタッフのシフト表を作成する作業は都度必要ですが、負担に感じることも少なくありません。スタッフのスキルや勤務条件、希望するシフトを反映させたものを作成するには多くの労力を必要とするものです。

シフト表を作成する方法はエクセルや自動作成ツールを活用するといったものがあり、実情に合わせて適した方法を選択することが大切です。この記事では、シフト管理を行う意義や抱えがちな課題、効率的にシフト表を作成する方法について解説します。

シフト管理を行う場面において、シフト表を作成してから雇用者側に都合で変更したいと感じるときもあるでしょう。「この日はもう少し、スタッフの人数を減らせそうだ」「明日は悪天候なので客足が少なそうだな」といった理由で、スタッフに勤務日や勤務時間の変更をお願いすることもあるかもしれません。この記事では、一方的なシフトカットがもたらす影響や注意点について解説します。

多くのアルバイトを雇用している企業にとって、スタッフのモチベーションをどのように維持するかは重要なポイントです。スタッフの士気が低下すれば、サービスの質が低下したり、離職を招いてしまったりするきっかけとなります。この記事では、アルバイトのモチベーションが下がってしまう原因や維持するための方法について解説します。

休憩という言葉は、仕事や遊びなど日常生活の様々なシーンで使われていますが、仕事における休憩には様々なルールがあります。ルールを意識せずに働いていると、知らず知らずのうちにルールを違反してしまうこともあります。また、ルールの認識が不十分であることから、使用者と従業員との間でトラブルが発生する場合もあります。

シフト表をエクセルで作成している職場は多いと思います。その場合の1日ごとの勤務の表現方法は、「早番」「夜勤」などの勤務記号を用いている場合が多いと思います。その記号を見ればどのスタッフが何時から何時まで勤務しているのか、従事しているスタッフの方々には一目瞭然でしょう。しかし今は働き方も多様です。勤務時間はスタッフごとに細分化され、記号で表すにはもはや数が増えすぎてどの記号がいつ働いている勤務なのか、理解が追い付かなくなっている場合もあるでしょう。すると最終的には勤務記号ではなく、勤務する時刻そのものをシフト表に書き込むことになります。これはこれで柔軟なシフト表と言えますが、今度は何時にどのスタッフが働いているのか、シフト表上で1日の中の時間帯ごとの人数把握をするのが難しくなってきます。

...