<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

パート-アルバイトパート-アルバイト

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

主婦の仕事は家事や育児がメインですが、共働きをする家庭が多い現在では、収入を少しでも増やすために外で仕事をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

主婦の仕事をこなしつつ、外での仕事をするためには「シフト制」の仕事がおすすめです。シフト制とはどのような働き方で、どんなメリットがあるか、という点を中心に説明していきます。そのほか、シフトの組み方の一例も紹介しています。シフト制の仕事を始める前に参考にしてみてください。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

「パートかアルバイトで働きたいけれど、できれば自分の都合の良いときに働きたい」と考えているなら「自由シフト制」の働き方が適しています。

自由シフト制とは、具体的にどのようなシフトを指し、シフトはどのようにして決まっていくのでしょうか。自由シフト制の職場で働きたいと考えている場合は、あらかじめ自由シフト制について理解しておきましょう。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

飲食店や小売業などで、アルバイトスタッフのシフト管理に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。高校生、大学生、主婦、フリーターなどさまざまな属性の人が集まるアルバイトのシフト管理は、希望する勤務時間帯や曜日等がバラバラになりやすいため、非常に複雑で調整に多くの時間を要します。

今回は、 アルバイトのシフト管理のよくある課題と、各勤務条件やスタッフの希望などが考慮できるアルバイトシフト管理システムをご紹介します。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

余暇を楽しむためのアミューズメント施設は、実に様々な種類があります。年中無休で営業時間も長いものが多いほか、施設によっては24時間営業しており、施設の種類や施設形態、規模、業種などによって業務内容や働き方にはそれぞれ違いがあります。

ここでは、それぞれのアミューズメント施設の仕事内容や採用されているシフト制を紹介しながら、アミューズメント施設におけるシフト管理のポイントについて解説していきます。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

シフト制を導入している職場では、アルバイトスタッフのシフト作成をうまくいかずに悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。スタッフからの不満には様々ありますが、中には「希望を出しているのにシフトに入れてもらえない」というものもあります。

シフト管理者は現状を把握し、理由をきちんと述べることができるでしょうか。そこで今回は、シフトを入れない理由を振り返りながら、正しく判断しているかを見極めていきましょう。

また調整したシフトの組み方、シフト表作成で最低限覚えておきたいポイントについてもまとめています。

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

高校生のアルバイトを雇用するとき、18歳以上と18歳未満では労働条件が異なります。18歳未満の高校生は、労働基準法によって特別な保護規定があるため雇用前に内容を確認しておきましょう。

ここでは、労働基準関係法令を参考にしながら、高校生のアルバイトはどのような規定があるのか、どのくらいシフトを入れることができるのかといった目安を紹介するほか、高校生を雇用するメリットや注意点についても紹介していきます。

大学生の本業は「学ぶこと」ですが、大学生活を送るうえではアルバイトを含めてさまざまな体験をしたいと考えているのではないでしょうか。大学生でアルバイトをしている人は多くみられますが、あくまでも本業は「学ぶこと」であるため、学業とアルバイトを両立させることが基本となります。

この記事では、大学生がアルバイトを行う場合に、授業や自分の予定に合わせたシフトを組むためにはどうすれば良いか、という点を中心に説明します。また、大学生の中には収入を増やすために「掛け持ちアルバイト」を検討している人もいることでしょう。掛け持ちアルバイトを行う場合のポイントについても説明します。

また、シフト管理者が大学生アルバイトのシフトを管理する場合におけるポイントについても説明します。

 

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

パートスタッフから、「扶養の範囲内で働きたい」と言われたことはありませんか?

毎月何時間勤務するかの管理を各スタッフに任せていたら、年末のシフト表を作成するときになって、スタッフから「年収を103万円に収めたいので12月はほとんどシフトに入れません…」と言われ、慌てた方も多いのではないでしょうか。

パートスタッフが「扶養の範囲内で働きたいかどうか」「どのくらいの年収を想定しているか」というのは、シフト表を作成するうえで大事なポイントの一つになります。

年末の繁忙期に、年収の上限を気にしてシフトに入れないスタッフが出る前に、「扶養の範囲」について再度確認をし、今から各スタッフの勤務時間を意識したシフト表を作成しましょう。

今回は、「扶養の範囲」を意識したシフト表をどのように作成するか解説します。

1