<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アミューズメント系はどんなシフト制?アミューズメントの種類、仕事内容は

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

a

余暇を楽しむためのアミューズメント施設は、実に様々な種類があります。年中無休で営業時間も長いものが多いほか、施設によっては24時間営業しており、施設の種類や施設形態、規模、業種などによって業務内容や働き方にはそれぞれ違いがあります。

ここでは、それぞれのアミューズメント施設の仕事内容や採用されているシフト制を紹介しながら、アミューズメント施設におけるシフト管理のポイントについて解説していきます。

  1. アミューズメント施設とは
  2. アミューズメント施設の種類と仕事内容
    遊園地/テーマパーク
    ゲームセンター
    パチンコ店
    ネットカフェ(マンガ喫茶)
    映画館
  3. アミューズメント施設の労働基準
  4. アミューズメント施設のシフト管理のポイント
  5. まとめ

勤務シフト作成お助けマン

アミューズメント施設とは

アミューズメント施設とは、人々が娯楽を楽しむための施設であり、多くは遊園地やテーマパーク、ゲームセンター、パチンコ店、ネットカフェ、映画館、カラオケ、ボーリング場などを思い浮かべるのではないでしょうか。遊園地やテーマパーク、ゲームセンター、映画館などは幅広い年齢層が集まりますが、パチンコ店やネットカフェのように大人が対象のものもあります。

類似する言葉としてはレジャー施設もありますが、明確な境界線はなく、動物園や博物館、旅行関連のアクティビティなども同じ業界に含まれることがあります。いずれも人々を楽しませること、ホスピタリティなどをテーマとしており、接客サービスが重視される業界です。

休日や連休などが繁忙期であることからアルバイトの雇用も多く、また働く場所としても人気のある業界でもあります。規模によっては多くのアルバイトを抱えるため、シフト作成は複雑になります。

アミューズメント施設の種類と仕事内容

それでは、代表的なアミューズメント施設の業務内容やシフト制などどのような違いがあるのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

遊園地/テーマパーク

アルバイト先としても人気の遊園地やテーマパークは、アトラクションやショップ、レストランなどの営業、チケット売り場、園内の掃除やメンテナンス、イベント実施など多岐にわたり、職種によっても1日のスケジュールは異なります。

営業時間は10時~19時、9時~21時など施設によって様々、季節ごとの営業時間なども設けているところが多く見受けられます。勤務はシフト制で、早番・遅番の2交代制が基本です。営業時間が長い場合は、3交代制のときもありますが、繁忙期以外はほとんど残業もないため、働きやすいのもメリットです。

休みは平日がほとんどで、土日・祝日、大型連休や夏休み期間中などの休みは難しくなります。遊園地やテーマパークは、アルバイトの起用が多い業種で、学生、主婦、シニアまで幅広く採用しており、短時間から働けるところもあります。

ゲームセンター

ゲームセンターは、小さな子どもから高齢者まで幅広い層が楽しめる娯楽施設です。立地条件などによって、学生や大人が多くなる場合もあります。仕事内容は、ゲームセンター内の遊技台のメンテナンスや整理、機材などの問い合わせ対応、ゲームエラーの対応、景品並べや補充などがあります。ゲームセンターによってはイベントを企画し、告知や大会の主催、司会などを行うこともあります。ほかにも両替に関する対応や、ゲームセンター内の清掃なども含まれています。

ゲームセンターの営業時間は様々ですが、9時~22時などが一般的です。ゲームセンターは平日は夕方から夜にかけて、土日は終日忙しくなるため、シフトには学生アルバイトやフリーターが多くなります。

シフトは自由シフト制、実労働3時間から受け付けているところも多く、施設の規模や人員数によってはシフトの変更など柔軟に対応してくれるところもあります。

パチンコ店

パチンコ店は、カウンターの準備や登立、看板の準備、ホール内での顧客対応、カウンター業務、カフェ業務、清掃、景品の交換作業、在庫確認、補充、時期によってはイベント情報や案内などを行うこともあります。ほかにもホールの見回り、駐車場の見回り作業があり、子ども、ペットが乗っていないか、不審車両がないか確認するなど業務範囲は多岐にわたります。

パチンコ店の営業は、各地域の条例に基づいているため異なりますが、10時~23時などが一般的です。シフトは正社員、アルバイトともに2交代制で、勤務時間の例をあげると、早番は9時~17時、遅番は17時~24時などになります。営業時間が長いため、3交代制のシフトを導入している店舗もあります。その場合は早番が9時~17時、中番が12時~20時、遅番が17時~24時などが多く採用されています。

勤務は週5日、1日あたり78時間勤務が一般的ですが、自由シフト制を採用し、勤務日数は週1日から、勤務時間は35時間から受け付けているところもあります。パチンコ店は年中無休が多く、施設規模が大きくなるほど業務内容も増えるため、人員の確保もシフト管理には重要になってきます。

ネットカフェ(マンガ喫茶)

ネットカフェは、マンガ喫茶にネット環境をつけた施設で、仕事内容は、受け付けや会計、本棚の整理、簡単な調理とメニューの提供、各ブースの清掃作業などがあります。ネットカフェは店員が23人のみの小規模店から、全国展開する大規模店舗まで様々で、規模が大きくなると施設内にシャワールーム、日焼けサロン、岩盤浴などが併設されている店舗もあるため、業務範囲も異なります。

忙しい時間帯は夕方から夜にかけて、オフィス街などは平日の昼間や金曜日の夜なども混み合う傾向にあります。基本的に24時間営業で年中無休のところが多いため、シフトは3交代制が一般的です。8時~17時、17時~23時、23時~翌8時などに分かれていますが、規模の大きな施設では自由シフト制で時間の調整も可能です。

映画館

映画館も、映画好きの応募が多くアルバイトとしても人気のある業種です。仕事内容はチケット販売、もぎり、自動券売機の案内や説明を行うフロア業務、店内で飲食の調理・販売を行うコンセッション業務、ストア、映写の作業や清掃などがあり、担当が分かれている場合、交代で行う場合があります。

営業時間は8時~23時などが多く、シフトは自由シフト制、固定シフト制、完全シフト制など店舗によって異なりますが、勤務時間は58時間が一般的です。自由シフト制は短時間からフルタイム勤務まで様々で、土日・祝日、連休や夏休みに集中して勤務する人もいます。規模の多い映画館では、営業時間の長さやセクション数の多さにより業務内容も増え、数百人のスタッフを抱えているところもあり、シフト作成は複雑になります。

働き方改革におけるシフト作成ガイド

 

アミューズメント施設の労働基準

アミューズメント施設の多くは、営業時間が長いこと、カレンダーの休日や連休、夏休みなどの長期休暇は繁忙期であること、ほぼ年中無休であるところが共通しており、パート・アルバイトの割合が多くシフトも複雑になる傾向があります。

注意したいのは、深夜労働、場合によっては時間外労働や休日出勤が発生することです。原則として労働基準法第37条・時間外、休日及び深夜の割増賃金に準拠する必要があります。労働基準法第37条では、「時間外、深夜(原則として午後10時~午前5時)に労働させた場合には25分以上、法定休日に労働させた場合には35分以上の割増賃金を支払わなければならない」とあります。

アミューズメント施設は、決定されたシフト表に基づいて時給の支払いを行います。通常5時間の労働をしている人が、急なスタッフの欠員で3時間の時間外労働を行った場合、時給×3時間で支払いますが、4時間を超えると、法定労働時間である8時間を超えるため割増賃金25%が発生します。また、深夜の勤務は50%以上の割増賃金となっています。シフト表で決定された休日に出勤することになった場合は、時給より35%の割増賃金が発生します。

 

▼ あわせて読みたい記事
アルバイトのシフトを入れられない?その理由と対策は
高校生ではどのくらいシフトに入ることができる?高校生アルバイトを含めたシフト表の作り方とは

 

アミューズメント施設のシフト管理のポイント

shift_university_student

アミューズメント施設は、夏休みや年末年始の休みなど長期休暇の繁忙期と、平日の昼間など閑散期の差があるため、必要とする人材の人数も大きく異なります。施設にもよりますが、一般的に繁忙期を想定して面接が行われることになります。その期間だけ採用するケースもあれば、継続して働くケースもありますが、採用した人数全てを希望通りにシフトに入れることは困難です。そのため、適切な人材を適切に配置していく必要があります。

そこで、パート・アルバイトの勤務態度、接客態度、勤怠状況、行動力など総合的に評価できる制度を設けておき、評価の高いスタッフが誰であるかを把握しておきます。そして、来場者が多い休日や季節はもちろんのこと、来場者が少ない季節、平日などにおいても評価の高い人が全くいないという状況を作らないようにシフトを調整していきます。アミューズメント施設は、スタッフが直接来場者と関わる業務が多いため、評価の高い人材を適切に配置していくことで、顧客満足度の向上や企業利益につながっていくからです。

また、どの業務がどの程度のレベルのスキルを必要としているのか、明確な基準を設けて業務ごとのスキル表を作成します。 例えばアミューズメント施設は業務によって機材やゲーム、メンテナンスなどを習得する必要がありますが、新設備や新アトラクション、新機材の導入、期間限定のイベント開催などによってもレベルに合わせた人材をシフトに組んでいく必要があります。

そのためには、ただ人数を埋め合わせるのではなく、新人とベテランを組み合わせ、忙しい時間帯でも対応できるシフトを作っていくことが大切です。継続的な雇用が見込まれる人材には、研修などを設けスキルアップもサポートしていきましょう。

遊園地やテーマパークなどでは、特色に合った独自の教育プログラムを設けています。パチンコ店やゲームセンターなどでも研修を設けているところが多く、新店舗オープンがある場合は、研修のほかに既存店で数ヶ月の実地見習いを行うところもあります。施設によっては、パート・アルバイトに半年ごとの人事評価を行い、昇給などの制度を設けているところもあります。安心して任せられる人材が増えることで、シフトも組みやすくなります。

 

 

お役立ち資料を無料ダウンロード

 

まとめ

アミューズメント施設は、人に楽しんでもらう、喜んでもらうための施設です。そのために接客態度やサービスの質が問われるのであり、来場者をサポートできる人材が必要です。実際のところ、従業員にとっては楽しいことばかりではなく、クレームを入れる人、飲酒、マナーを守らない人など対応の難しい利用者も少なくありません。従業員がそれらにきちんと対応できるように、企業側でサポートしていきましょう。

JRシステムが提供する「勤務シフト作成お助けマン」は、アミューズメント施設のシフト管理のように、新人やベテランなどのスタッフのスキルや、忙しい時間帯を意識したシフトを自動作成することができます。

「勤務シフト作成お助けマン」には、早番・遅番・夜勤等の「1日1記号を割り当てるシフト表」を作成することが出来る「勤務シフト作成お助けマンDay」と、 10:00~17:30等の「時問を割り当てるシフト表」を作成する「勤務シフト作成お助けマンTime」があります。作成したいシフト表に合わせてサービスを選んでいただくことが可能です。

本番利用時と同じ機能を2か月無料でトライアルできますので、システム化によって満足するシフト表作成が行えるかどうか、是非お試しください。

 

 

勤務シフト作成お助けマン編集部

勤務シフト作成お助けマン編集部

「勤務シフト作成お助けマン」鉄道情報システム株式会社(JRシステム)が提供するシフト管理のクラウドサービスです。シフト作成者の方々に役立つ情報(労働関連の法律の解説、シフト作成のノウハウ、よくある問題・課題の解決方法など)を発信しています。