<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=996778721472776&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

小売小売

飲食店や各種小売店など、顧客サービスを提供していく店舗の現場責任者である店長さんは、従業員らが気持ちよく働ける環境を整備し、顧客満足度の高いサービスを効率良く運営していける基盤を作っていかねばなりません。

安定した水準でサービスが無理なく提供できる運用体制を常に保っていくことは基本のポイントとなりますが、なかなか理想通りに実現することが難しいものでもあるでしょう。その鍵を握るのは、やはりシフト管理ではないでしょうか。

小売業の多くは、毎日朝早くから夜遅くまで営業しています。特に、スタッフの人数が多い職場ほど雇用形態の種類が多様となるため、シフトの作成が大変に感じるのではないでしょうか。さらに、営業時間が長くなるほどシフトのパターンも増えるので、シフトの作成はより複雑になってしまいます。

シフト管理者の悩みは、シフトの作成に多くの時間を取られてしまい、その他の業務を行う時間がなかなか確保できないことではないでしょうか。そのような悩みを解決するなら、シフト管理システムの導入を検討してみましょう。

この記事では、シフト管理システムを導入した場合のメリットやデメリット、システム選びのポイントなどについて説明したうえで、小売業におすすめのシフト管理システムについて説明します。

私たちの生活に身近な存在のスーパーマーケットは、生鮮食品から日用品まで多彩な商品を揃えるほど作業量や役割が増えます。それだけに、スタッフの希望や能力、それぞれの業務に合わせた人材配置やシフト管理が必要になってきます。

ここでは、スーパーで働く人の立場や雇用形態を考慮したシフトの組み方、応募者に求めるスキルなどについて紹介していきます。

百貨店やデパートでは営業時間が長いため、2交代制が多く採用されています。また基本的に、土日祝日の多くが営業しており、繁忙期もあるため変形労働時間制を導入しやすい業種でもあります。

百貨店やデパートで働く従業員は、どのようなシフトになるのでしょうか。ここでは、サービス業の勤務体制や働き方、変形労働時間制を導入する際の注意点などについて解説していきます。

多くのアルバイトを雇用している企業にとって、スタッフのモチベーションをどのように維持するかは重要なポイントです。スタッフの士気が低下すれば、サービスの質が低下したり、離職を招いてしまったりするきっかけとなります。この記事では、アルバイトのモチベーションが下がってしまう原因や維持するための方法について解説します。

スーパーやコンビニ、百貨店など、小売店舗で欠かせないのがレジ業務です。顧客と直接のやり取りも多く、金銭の受け渡しを担うレジ部門は非常に重要な役割を担っています。 レジ部門のシフト管理を最適化するのも、大事な経営判断の一つといえるでしょう

「忙しいのにスタッフが少ない!」「暇なのにスタッフが多い!」そんなことがスタッフ、経営層から注意されていませんか?小売業や飲食業、サービス業だけでなく、コールセンターや物流倉庫など、さまざまな現場でこのような問題は発生しているようです。それらは作成されたシフト表が原因かもしれません。今回はそんな繁忙・閑散などの作業量に対応したシフト表を作成する際に考慮すべき点、注意しておきたい点について解説します。

シフト作成は様々な事を考えなければなりません。日々の業務がうまく回るように考慮したり、スタッフの希望通りに勤務できるよう配慮したり、新しくできた働き方改革に関する法律を守ったりなど、店舗によってそれぞれのルールがあると思います。

そのため、シフト表を作るのはとても難しく、ミスが発生してしまうことも珍しくありません。シフト表にミスがあると、スタッフが不足し、十分なサービス提供ができないスタッフのモチベーション低下に繋がってしまう・・・等々のリスクがあります。そのため、ミスが無いように時間をかけて作らなければなりません。

小売業の店長が毎回悩んでいるシフト表作成。そのシフト表作成を行う前に知っておいてほしいこと、注意しておかなければならない点について解説します。

小売業向けのシフト管理システムについては、以下の記事で紹介しています小売業もシフト管理を効率化!おすすめのシステム10選

1