<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

レジ部門のシフト作成の課題とコツを紹介!シフト表の自動作成で無駄を省く

shift-management-of-cashierスーパーやコンビニ、百貨店など、小売店舗で欠かせないのがレジ業務です。顧客と直接のやり取りも多く、金銭の受け渡しを担うレジ部門は非常に重要な役割を担っています。 レジ部門のシフト管理を最適化するのも、大事な経営判断の一つといえるでしょう

しかし、繁忙期やそれに合わせた稼働人数の計算など、レジのシフト作成は難しいものです。そこでレジ部門の重要性を確認しながら、適切なレジのシフト表の作成方法をご紹介します。

  1. レジのシフト作成が適切にできていない場合のデメリット
    レジ業務のコストやリスク
    レジ部門シフトの落とし穴
  2. シフト表作成までに準備すべき4つのこと
    開設レジ台数の算出
    レジ業務配置の優先度決定
    熟練度やペアリングを考慮
    スタッフの勤務条件に合わせる
  3. レジのシフト表作成のハードル
  4. シフト表自動化で精度向上させよう
    シフト表自動作成システムとは
    スーパーやコンビニに適したシフト表自動作成システムとは
  5. 適切なシフト表で効率のよいレジ稼働を目指そう
勤務シフト作成お助けマン

レジのシフト作成が適切にできていない場合のデメリット

まず、レジシフト作成が適切にできていない場合に発生するデメリットを紹介します。

レジ業務のコストやリスク

レジの導入には、多くの初期費用が掛かります。レジスター本体は2万円から30万円のものまで様々な製品が販売されており、バーコードスキャナーやロールペーパーといった備品も必要です。さらに、近年ではキャッシュレス決済への対応も求められており、時勢に合わせて機能をアップデートさせていく必要もあります。これらを複数台導入するとなると、かなりのコストがかかります。

しかし費用をかけて導入したレジを有効に運営できなければ、ムダなコストになってしまいます 。たとえば、客数などを考慮せずに複数導入してしまうと、稼働しないレジが出てきてしまい経営面においてマイナスです。反対にレジが少なすぎると、本来獲得できた売り上げを失う可能性があります。

レジ部門シフトの落とし穴

レジ部門の人員配置に注意しなければ、顧客満足度の低下も招いてしまいます 。たとえば新人スタッフは、スムーズにレジが打てるようになるまで時間がかかります。先輩スタッフが十分フォローできる体制でなければ、混雑する時間帯は顧客を待たせたり、不十分な対応をしてしまうかもしれません。

またレジ担当者は、会計業務や袋詰めだけなどの決まった作業だけではなく、商品の問い合わせや売り場案内といったイレギュラーな業務にも対応しなければならないケースもあります。 顧客との接点を兼ねるレジ部門は、店舗にとっても非常に重要なポジションです。

このように、レジを導入した投資の回収と顧客の満足向上のために、適切なシフト管理はとても大切です。

シフト表作成までに準備すべき4つのこと

では適切なシフト作成のためには、どのような準備をしなければいけないのでしょうか。ここでは、レジのシフト作成までに必要な4つの準備を順に紹介します。

開設レジ台数の算出

開設するレジ台数は、一般的に販売時点情報(POS)の実績データが基になります。まず買上品数、スキャン時間、接客時間からRE基準値(Reasonable Expectancy:リーズナブル・エクスペクタンシー)を算出します。レジにおけるRE基準値とは、レジ要員一人で1時間に何人の来店客に対応できるかを表したものです。

つぎに、1時間当たりの来店客数とRE基準値から、1時間当たりの必要稼働人数、つまり必要開設レジ台数を割り出します 。計算式は以下です。

  • RE基準値=3,600(秒)÷((来店客1人あたりの基準接客時間(秒)+来店客1人あたりの買上点数×1点あたりの基準スキャン時間(秒))×130%)
  • 必要開設レジ台数=来店客数÷RE基準値
※余裕率として130%をかけています。

レジ業務配置の優先度決定

開設レジの台数が確定したら人員配置ですが、レジ部門にはアルバイト、パートタイマー、正社員など様々な雇用形態があります。例えば、正社員は店舗全体の管理業務もしなくてはいけません。そのため、正社員のレジ業務の優先度を下げ、アルバイトやパートタイマーにレジ業務を優先的に割りてることを検討します。このように、 店舗やスタッフの状況を見て優先度を決めていきましょう

熟練度やペアリングを考慮

スタッフの熟練度も考慮します。レジ業務に慣れていない新人スタッフだけでは、トラブルに対処できません。新人のフォローができるよう、「必ずベテランのスタッフは○人以上割り当てる」などで対策をしましょう。

スタッフの勤務条件に合わせる

スタッフにはそれぞれ勤務条件があります。「労働基準法の規定や就業規則を満たしているか」というのはもちろん、「希望通りの休日になっているか」などを留意する必要があります。

新規CTA

レジのシフト表作成のハードル

シフト作成の準備は完了しました。

しかし、このように台数が決まったレジを有効に活用するには、複雑な勤務条件が多く、シフト作成には大きな労力と時間を要します

シフト表作成については、手書きやエクセルなど人力で作成している管理者は多いのではないでしょうか。確かに、面倒なシフト表作成業務は自身が慣れた手法で進める方がやりやすいかもしれません。

ですが、手書きのシフト表は書き間違いや読み間違いというミスが起こりやすくなります。エクセルを利用して、綺麗で見やすいシフト表を作成したとしても、複雑な条件を満たしているか確認するには骨が折れます。

シフト管理者が変更になった場合、前任者が設定した機能を後任者が扱えるとは限りません。 シフト管理業務の属人化というリスクがあります。また、人間が作成するとなると、誰もが納得する公平なシフト表作成は難しいものです。

 あわせて読みたい記事
小売業の店長がシフト表を作成する際に知っておいてほしいこと

シフト表自動化で精度向上させよう

手書きやエクセルで、複雑な条件のシフト表を作成するのは大変です。そんな状況を改善してくれるシステムがあります。それは「シフト表自動作成システム」です。

シフト表自動作成システムとは

シフト表作成や管理に悩む企業が続々と導入しているのは、「シフト表自動作成システム」です。 パソコンで条件などを入力すると一瞬でシフトに反映させることができます

このツールを利用することで、シフト表を作成する時間が大幅に短縮。また「気軽に導入できる」、「誰にでも扱いやすい」、「機械が判断する公平なシフト表作成」といったメリットもあり、高い精度が求められるレジ部門のシフト管理にはうってつけのツールといえるでしょう。

スーパーやコンビニに適したシフト表自動作成システムとは

現在では多くの企業からシフト表自動作成ツールを提供していますが、レジ部門を備えるスーパーやコンビニといった小売業に適しているのは勤務シフト作成お助けマンTime」です。

同サービス最大の特長は「スタッフの必要人数を時間ごとに設定が可能なこと」と「スタッフのスキルによって必要人数を割り当てることができること」です。 例えば「来客が少ない平日の12時から16時は4人」、「忙しくなる夕方16時から19時は8人」、「最低1人はレジ開けができるスタッフを配置する」、「トラブルやフォロー対応のため、どの時間帯にも1人は社員を配置する」など、きめ細かな設定を落とし込むことができます。

また「連続勤務日数」「1週間あたりの勤務日数・労働時間」「休憩時間」などの労働基準法や就業規則で規定されているルールを、条件として登録することが可能です。

img_time_02

あらかじめ設定した条件と、スマートフォンで集約したスタッフの勤務希望をシステムが瞬時に判断。あっという間にシフト表が作成します。 シフト管理者はできあがったシフト表をチェックし、必要に応じて微修正するだけです。

複数店舗のシフト一元管理も可能で、ヘルプスタッフの調整も迅速に対応。また、タブレットでもシフト管理作業ができるので、デスクに座る時間を確保できないシフト管理者でも使いこなすことができるでしょう。

あわせて読みたい記事
もうパート・アルバイトのシフト表作成で悩まない!シフト表の悩みは自動作成ソフトで解決!

適切なシフト表で効率のよいレジ稼働を目指そう

コストをかけ、計算されて導入したレジを効率よく稼働させるには、適切なシフト表作成が必要不可欠です。 しかし手書きやエクセルでは、精度の高いレジのシフト管理を実現させには多くのハードルがあります。

レジ部門におけるシフト業務の課題を解決する「勤務シフト作成お助けマンTime」など、シフト自動作成システムの導入も検討するのも良いでしょう。

適切なレジのシフト表で、無駄なコストを減らし顧客満足度の向上を図りましょう

 

シフト表自動作成に関する資料をご用意しています