働き方改革働き方改革

有給休暇は労働基準法第39条において定められており、使用者であっても労働者であっても、誰もが知っておくべき内容です。また、働き方改革関連法案が施行されたことにより、有給休暇の取得義務が企業に課せられ、罰則規定もできたことから、さらに注目されるようになりました。そんな有給休暇ですが、正しく理解できていますでしょうか?今回は、シフト作成者なら必ず知っておかなければならない有給休暇について解説をします。

みなさんは、このような経験ありますか? 

昨年名古屋に出張に行ったときのこと。昼休みにシアトル系コーヒーショップで注文をした際に、店員さんから「お仕事がんばってください」と声をかけていただきました。

よっぽど疲れていた顔をしていたのか?確かにこの後重要な打合せが控えていたので緊張していたのか?どのように見えたのかわかりませんが。

ただ、とてもうれしかったのと、その後すがすがしい気分でお客様との打合せに臨めたのを今でも覚えています。

さて、現在未曾有の状況の中、どのように毎日を過ごしていますか?外出を控え、慣れない在宅勤務を行っていらっしゃる方も多いかと思います。こんなときだからこそ、“本当の働き方改革”とはどういうものなのかを、シフト作成システム(ツール)の導入を通じて考えてみました。

シフト作成者のみなさん、お疲れ様です。

シフト作成には、想像よりも多くの時間と労力(経験)を費やします

自社の勤務条件や必要人数、スキルによる人員配置、新人の教育の考慮、イベント日の増員など、シフト作成者の経験により蓄積されたノウハウが非常に重要となっていると思います。

今回はそんなシフト作成者のみなさんが抱える問題、悩みについて解説します。

日本では、以前からテレワークの必要性が高まっていましたが、新型コロナウイルスによる感染症対策で、企業はさらに対応が迫られるようになりました。今回は、テレワークに関する解説と、テレワーク、在宅勤務、時差出勤が、シフト表作成にどのように影響を与えるのかについて解説をします。

従業員満足度や生産性の向上を目的とした働き方改革。これらを後押しするのがIT技術です。例えば、従来のオフィスに見られた「自分の席と固定電話」は徐々に減少。フリーアドレスを持ちノートPC、タブレット、スマートフォンを駆使すれば、どこでも働けるようになりました。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。

近年の働き方で問題視されている過重労働。残業をし過ぎて体を壊してしまうという事例も少なくありません。働き方改革では、事業者に対して従業員の適正時間労働を呼びかけています。しかし、事業者によっては従業員に残業をさせなければならないケースもあるでしょう。

働き方改革を推進しようとすると、必ずといっていいほど、今までのシフト表の作成方法を変えなければならない事態に陥ります。今回は、企業が働き方改革に対応する上で、シフト表作成に関わる影響や注意すべき点について説明します。

1