<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

働き方改革働き方改革

パートタイム労働者として働く労働者は全雇用者数の3割程度を占めており、企業の事業活動において欠かせない存在となっています。安心して働ける職場環境の整備が重要であり、法令に則った処遇を行うことが事業主には課せられていると言えます。

休憩という言葉は、仕事や遊びなど日常生活の様々なシーンで使われていますが、仕事における休憩には様々なルールがあります。ルールを意識せずに働いていると、知らず知らずのうちにルールを違反してしまうこともあります。また、ルールの認識が不十分であることから、使用者と従業員との間でトラブルが発生する場合もあります。

外国人労働者の数は年々増加しており、日本でアルバイトをする外国人留学生も少なくありません。しかし、留学生の労働時間には規定があります。違反した場合、 留学生は「不法就労」、雇用主は「不法就労助長罪」に問われるケースも あるのです。外国人留学生を雇用する企業やシフト管理者は、正しい労働条件や規定を把握しなければなりません。 今回は、外国人留学生の労働時間や違反した際の罰則、対策について解説します

ひとくちに「休日」と言っても、労働基準法上では意味合いが違うことをご存知でしょうか。また、休日出勤のルールや年間休日数なども法律で定められており、違反すると罰則の対象となります。今回は、労働基準法における「休日」の定義や付与のルール、違反したときの罰則などを解説していきます。「休日」を正しく理解して、正しい勤務環境を心がけましょう。

有給休暇は労働基準法第39条において定められており、使用者であっても労働者であっても、誰もが知っておくべき内容です。また、働き方改革関連法案が施行されたことにより、有給休暇の取得義務が企業に課せられ、罰則規定もできたことから、さらに注目されるようになりました。そんな有給休暇ですが、正しく理解できていますでしょうか?今回は、シフト作成者なら必ず知っておかなければならない有給休暇について解説をします。

みなさまは、このような経験ありますか? 

昨年名古屋に出張に行ったときのこと。昼休みにシアトル系コーヒーショップで注文をした際に、店員さんから「お仕事がんばってください」と声をかけていただきました。

在宅勤務が続くなか、久々の出張だったために緊張していたように見えたのかわかりませんが、とてもうれしかったのと、その後すがすがしい気分でお客様との打合せに臨めたのを今でも覚えています。

さて、現在未曾有の状況の中、どのように毎日を過ごしていますか?外出を控え、慣れない在宅勤務を行っていらっしゃる方も多いかと思います。在宅勤務は働き方改革の一環として、ワークライフバランスの推進に必要な要素であると言われています。ただし、現在は外出を控えるために在宅勤務を行っているところが多く、働き方改革を行っているとは言いづらいかもしれません。こんなときだからこそ、“本当の働き方改革”とはどういうものなのか

シフト作成者のみなさん、お疲れ様です。

シフト作成には、想像よりも多くの時間と労力(経験)を費やします

自社の勤務条件や必要人数、スキルによる人員配置、新人の教育の考慮、イベント日の増員など、シフト作成者の経験により蓄積されたノウハウが非常に重要となっていると思います。

今回はそんなシフト作成者のみなさんが抱える問題、悩みについて解説します。

日本では、以前からテレワークの必要性が高まっていましたが、新型コロナウイルスによる感染症対策で、企業はさらに対応が迫られるようになりました。今回は、テレワークに関する解説と、テレワーク、在宅勤務、時差出勤が、シフト表作成にどのように影響を与えるのかについて解説をします。

従業員満足度や生産性の向上を目的とした働き方改革。これらを後押しするのがIT技術です。例えば、従来のオフィスに見られた「自分の席と固定電話」は徐々に減少。フリーアドレスを持ちノートPC、タブレット、スマートフォンを駆使すれば、どこでも働けるようになりました。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。