<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=996778721472776&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

シフト作成シフト作成

勤務時間のシフト作成は、店をスムーズに運営する観点はもちろん、従業員の希望に沿ってなるべく公平に組む必要があります。

この記事ではシフト作成に慣れていない、または苦手意識がある方のために、シフト表の作り方のコツをまとめました。エクセルで作成するメリット・デメリットとおすすめのシフト作成ツールもご紹介します。

時間をかけながらシフト表を作成し、やっとの思いでできあがったとしても「シフトを変更してほしい」とアルバイトスタッフから言われて困った経験はないでしょうか。少ない人数でシフトを組んでいたり、繁忙期で少しでも人手がほしかったりする場合には、どのようにシフトを調整すべきか頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

今回は、アルバイトのシフト管理をスムーズに行うための方法や、急なシフト変更の申し出にどのように対処すべきかを解説します。

働き方の多様化が進む昨今において、どんどん複雑になっていくシフト勤務。アナログな方法での「シフト管理」では、うまく運用出来ないことが増えてきており、シフト管理者もスタッフも苦労しています。シフト作成の「あるある」な問題点は、他人事としてみれば楽しめるものですが、自分の立場になると重く感じるものです。頭を悩ます「あるある」な問題点についてイラスト付きで紹介していきます。「あるある」と共感しながら内容を知り、改善に向けて動きませんか?

シフト勤務を行っている職場では、作成されたシフト表についてスタッフからさまざまな不満があがることがあります。不満に関する内容は、主に働き方や休み方に関わるものです。シフト表について、スタッフからの不満が全くあがってこない職場は皆無といえるのではないでしょうか。

今回は、そんな「シフト表あるある」「シフト制あるある」など、シフト表に関するスタッフの不満をまとめてみました。シフト作成者として「シフトができあがったあとにどんな問題が起きやすいのか」という点を理解して、問題が起きにくいシフトの作成を目指しましょう。

病気やケガ、介護など休みをとらなければならない事情があるとき、正社員では休職制度を利用する事例もみられますが、シフト制や短時間勤務で働くパートやアルバイトも休職できるのでしょうか。

リゾート地の宿泊施設などでは多忙な時期に「リゾートバイト」を雇うことがあり「中抜けシフト」を割り当てることがあります。

リゾート地でのアルバイトは非日常的な雰囲気を味わいやすいため、リゾートバイトを検討している人もいるのではないでしょうか。実際にリゾートバイトをするなら、中抜けシフトとはどんなシフトなのか、という点について理解しておきたいところです。

中抜けシフトとはどのような働き方なのか、中抜けシフトで働くとどんなメリットやデメリットがあるのか、という点について説明します。

シフト制の職場で働く場合、スタッフによって働く時間帯や休日が異なるため、常に全てのスタッフと一緒に働くのではなく、毎回異なるスタッフと働くことになります。
気の合うスタッフと働くことができれば、コミュニケーションを図りやすいために働いていて楽しく感じられる反面、苦手な人とシフトがかぶってしまうと気が重いと感じてしまうのではないでしょうか。
苦手な人とシフトがかぶってしまった場合、どのような対策を取れば良いのでしょうか。その方法について説明します。

スポーツジムやフィットネスクラブなどは、シフト勤務体制で働く業種です。人々の健康維持・改善をサポートする仕事であり、利用者との触れ合いもあるため、施設の環境やスタッフの提供するサービスの質が顧客満足度に直結します。

スポーツジムなどで戦略的なシフト管理を行うには、ジムの特徴や仕事内容を把握する必要があります。今回は、ジムの種類と働き方、雇用形態、それらを踏まえたスケジュールの組み方・考え方を紹介していきます。

労働時間を減らすことで、家庭と仕事の両立を目指す時短勤務制度。働き方の多様化が進む中、子育てや介護に忙しい従業員へ柔軟な働き方を提供する制度として、様々な企業で導入が進められています。

この記事では、時短勤務と育児・介護休業法について理解しながら、時短勤務制度のシフトの組み方、注意するべき点などについて解説しています。

シフト制は様々な業種で取り入れられている勤務体制ですが、シフト管理は従業員のニーズや企業戦略など様々な条件をすりあわせて調整する必要があるため、非常に手間のかかる業務の1つと言われています。

この記事では、シフト管理やシフト表の作成を効率的に行うために、把握しておきたい目的や目標の設定、それらをベースにしたシフト管理方法、取り組み方などについて解説しています。