<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
シフト管理シフト管理

外国人労働者の数は年々増加しており、日本でアルバイトをする外国人留学生も少なくありません。しかし、留学生の労働時間には規定があります。違反した場合、 留学生は「不法就労」、雇用主は「不法就労助長罪」に問われるケースも あるのです。外国人留学生を雇用する企業やシフト管理者は、正しい労働条件や規定を把握しなければなりません。 今回は、外国人留学生の労働時間や違反した際の罰則、対策について解説します

シフト管理者は極力、従業員が希望するシフト表作成を心がけていると思います。ところが、すべての希望に沿ったシフト表を毎月作成できているケースは少ないのではないでしょうか。

スーパーやコンビニ、百貨店など、小売店舗で欠かせないのがレジ業務です。顧客と直接のやり取りも多く、金銭の受け渡しを担うレジ部門は非常に重要な役割を担っています。 レジ部門のシフト管理を最適化するのも、大事な経営判断の一つといえるでしょう

0歳から小学校入学前まで、さまざまな年齢の子どもが集まる保育園。家庭環境によっては、一日の大半を保育園で過ごす子どももいます。保育士のキャリアやクラスの人数を考慮し、子ども一人ひとりをケアできる体制で対応しなければ、重大な事故が発生しかねません。

飲食店や小売業などで、アルバイトスタッフのシフト管理に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。高校生、大学生、主婦、フリーターなどさまざまな属性の人が集まるアルバイトのシフト管理は、非常に複雑です。

近年、ビジネスにおいて「クラウドファースト」が広まっています。これは企業が導入、更新するシステムの運用基盤として“クラウドサービスの活用を第一とする考え方”です。

ホテル・旅館などの宿泊業は、休みなく24時間365日稼働しているイメージはあるでしょう。稼働時間が長いため、交代勤務をする必要があり、シフト表作成は必須の業務となります。

弊社のユーザーにおいても宿泊業の方々のご利用は多く、シフト表作成にさまざまな問題を抱えており、それらを解決したいとの思いから「勤務シフト作成お助けマン」をご導入いただいております。

今回は、そんなホテル・旅館のシフト表を作成について、問題や課題、是非知っておいてほしいことについて解説をします。

超高齢化社会の日本において、介護業界はこれからますます必要とされる業界と言えるでしょう。以前は自宅で家族が介護をする方も多かったですが、介護サービスを利用する人も増加しており、そうした介護スタイルの変化において、介護施設は重要な役割を果たしています。

しかしながら、介護業界は慢性的な人手不足で悩んでおり、満足なサービスが提供できなくなってしまう施設も中にはあります。人手不足という状況もあり、シフト表作成に関する介護施設様からのお悩みやご相談も、弊社に多く届けられています。

今回は、そんな介護業界におけるシフト表作成の問題と、その解決方法である自動作成のメリットについて解説をします。

シフト表はあらゆる現場で作成されています。小売業、飲食業、サービス業の店舗や、コールセンター、システム運用、警備、ホテル、医療、介護など。曜日関係なく勤務する必要がある現場や、勤務時間が長く、交代で働く必要がある現場では必須となります。シフト表がないと業務は上手く回りませんし、店舗の場合などはお客様に迷惑をかけてしまい、売上にも影響を及ぼしてしまうものです。

そんなシフト表作成の業務ですが、自動で作成してくれるソフトウェアがあり、上手く活用して、業務効率化を図っている企業が増えてきています。今回は、どうしてシフト表作成に自動化が必要なのかという理由を改めて解説します。

深夜勤務は体に負担がかかることは、深夜勤務をしたことがない人でも、容易に想像はできるでしょう。本来体を休めるべき深夜の時間帯に活動的に働き、活動がしやすい日中に休みをとる必要があり、そのような生活を継続させることは想像以上に疲労を貯めることになります。今回はそんな深夜勤務の問題や、身体への負担を和らげる正循環といわれるシフト表作成の考え方について解説をします。