<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=996778721472776&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

シフト管理シフト管理

更新日:2023/9/1近年、ビジネスにおいて「クラウドファースト」が広まっています。これは企業が導入、更新するシステムの運用基盤として“クラウドサービスの活用を第一とする考え方”です。

近年、データ活用によってさまざまな社会問題やビジネス課題を解決しようとする動きが活発化しています。DX推進やビッグデータに高い関心が集まっているように、データ活用が可能な領域は年々拡大しており、業種業態、企業規模を問わず、データの価値を正しく理解した活用ができなければ、今後の世界で生き残ることは難しい時代になってきているとも言えるでしょう。

今はまだ、その価値が正しく評価されず、放置されたままになっているとしても、これまでの事業運用で蓄積された企業内に存在する多様なデータは、有効に活用することで力を発揮し、ビジネス戦略へと反映させていくことで、効率良く今後の事業を拡大・成長させていくことが可能になるものです。

...

昨今、推進される働き方改革とも合わせ、デジタルシフトやDX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が盛んに叫ばれるようになりました。IT技術の進化は目覚ましく、すでに私たちの生活に不可欠なものとして浸透したものも多くありますが、業務プロセスの中核部分や、労務管理・勤怠管理の仕組みに関しては、まだまだアナログという現場も少なくないでしょう。

しかし、業種業態を問わず、いまやDXへの対応は待ったなし、変化についていくことができない事業者は淘汰されるのみといった未来像が現実のものとしてますます色を濃くしてきていることも事実です。

...

企業が 「求人票」を作成する場合、1週間の労働日数など労働条件を記入します。この労働条件は、いわば「最低シフト」となります。 しかし、企業側としては、労働環境の変化の状況によっては、やむを得ず最低シフトに満たない労働日数や労働時間でスタッフに働いてもらわなければならない、と考えるケースもあるでしょう。 ただし、スタッフ側の立場からみると「最低シフトに届かない状態で働くのはおかしい」と考えるのではないでしょうか。 「求人票」に記載した最低シフトは必ず守らなければならないのか、という点について説明します。
シフトの種類は、大きく分けると 「週ごと」のものと 「月ごと」のものがあります。
シフトの種類はそれぞれの職場によって決まってくるため、シフト制の仕事を探している人にとっては、「週ごと」・「月ごと」のシフトのうち、どちらを選べばよいかと迷ってしまうのではないでしょうか?
この記事では、週ごと・月ごとのシフトについてそれぞれの特徴を説明したうえで、週ごと・月ごとのシフトのメリットとデメリットを、スタッフの立場とシフト管理者の立場から見ていきます。
シフトに入っている当日、突発的な事情によってやむを得ず休まなければならないこともあるでしょう。 しかし、シフト制の仕事は最低限の人員で行っていることが多いため、スタッフ自身が休むとしたら他の人に出勤をお願いしなければなりません。中には、他の人にお願いすることに苦手意識を感じ、なかなかお願いしにくいと感じている人もいるのではないでしょうか。 この記事では、やむを得ずシフトを当日に代わってもらいたい場合にお願いする方法やその注意点について説明します。
小売業やサービス業などでアルバイトを雇用する場合、主婦や学生の採用が多いのではないでしょうか。 主婦はアルバイトをできる時間帯が主に日中に限られるのに対し、高校生や大学生は平日の夕方以降や土日も働いてもらえる点がメリットといえます。 ただし、学生を採用する場合に気をつけたい点は、特定の時期になるとアルバイトの休みを申し出る人が多くなる点です。 学生がシフトに入りにくくなるタイミングはどんな時期なのか、また、学生がシフトに入りにくい時期にアルバイトを確保するにはどんな対策を打てば良いのか、という点について説明します。
小売業やサービス業など、シフト制の職場においては、年末年始やお盆などの繁忙期に多くの人員を確保しておく必要があります。 しかし、これらの時期は実家に帰省したり、あるいは家族や恋人、友人と過ごしたりする機会が増えるため、人員を思うように確保できず、人手不足になりやすいことがネックとなります。 この記事では、シフト制の職場において、繁忙期に人員を確保する方法について説明します。事前に人員を確保できるようにして繁忙期を乗り切りましょう。
個々人がシフトの内容を管理する方法として、 スマホアプリ(以下、「アプリ」)、または 手帳の利用があります。 スケジュールを管理するアプリは年々機能が向上しているため、使いやすいと感じている人は多いのではないでしょうか。一方で、手帳の方が使いやすいと考えている人もいることでしょう。 シフトを管理するならアプリと手帳、どちらが良いのでしょうか。
ここではそれぞれを利用した場合のメリットとデメリットについて説明します。 アプリと手帳の特徴を理解したうえで、どちらを利用するかを選びましょう。
「遅刻をしないのは社会人として当然の常識」とは言われるものの、遅刻をしてしまう人は一定数存在し、時にはやむを得ない事情もあります。しかし、遅刻を繰り返すことは業務に差し支える可能性があり、それがシフト制であればなおさらです。 勤怠管理では、遅刻に対しどのように対応するべきでしょうか。ここでは、遅刻が発生する原因やボーダーラインなどを改めて把握し、指導や控除、措置を行う際の注意点などについて説明していきます。