<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

シフト管理シフト管理

更新日:2022/6/10

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

近年、ビジネスにおいて「クラウドファースト」が広まっています。これは企業が導入、更新するシステムの運用基盤として“クラウドサービスの活用を第一とする考え方”です。

スポーツジムやフィットネスクラブなどは、シフト勤務体制で働く業種です。人々の健康維持・改善をサポートする仕事であり、利用者との触れ合いもあるため、施設の環境やスタッフの提供するサービスの質が顧客満足度に直結します。

スポーツジムなどで戦略的なシフト管理を行うには、ジムの特徴や仕事内容を把握する必要があります。今回は、ジムの種類と働き方、雇用形態、それらを踏まえたスケジュールの組み方・考え方を紹介していきます。

労働時間を減らすことで、家庭と仕事の両立を目指す時短勤務制度。働き方の多様化が進む中、子育てや介護に忙しい従業員へ柔軟な働き方を提供する制度として、様々な企業で導入が進められています。

この記事では、時短勤務と育児・介護休業法について理解しながら、時短勤務制度のシフトの組み方、注意するべき点などについて解説しています。

シフト制は様々な業種で取り入れられている勤務体制ですが、シフト管理は従業員のニーズや企業戦略など様々な条件をすりあわせて調整する必要があるため、非常に手間のかかる業務の1つと言われています。

この記事では、シフト管理やシフト表の作成を効率的に行うために、把握しておきたい目的や目標の設定、それらをベースにしたシフト管理方法、取り組み方などについて解説しています。

サービスの質を高めることは、顧客満足度を向上させるために重要です。しかし、飲食業や小売業にありがちですが、過剰な人員を配置してしまうことにより人件費がかさむことがあります。効率的な人員配置を行ったうえでサービスの質を維持するには、WFM(ワークフォースマネジメント)の考えを踏まえて業務改善を行っていくことが必要です。この記事では、WFMの基本的なとらえ方やメリット、導入にあたって注意すべき点を解説します。

パートタイム労働者として働く労働者は全雇用者数の3割程度を占めており、企業の事業活動において欠かせない存在となっています。安心して働ける職場環境の整備が重要であり、法令に則った処遇を行うことが事業主には課せられていると言えます。

業務の効率化や生産性の向上に取り組むには、所属するスタッフを適切に管理していくことが重要です。スタッフの管理をしっかりと行っていく1つの方法として、「マンアワー」(Man-Hour)があげられます。

業務のムダやムラを無くし、社内のリソースを最大限に活用していくために必要となる施策を実行していきましょう。また、マンアワーは店舗のシフトを組むうえでも有効であり、多店舗展開を行っている企業にはより効果的です。

今回は、マンアワーのとらえ方や活用方法について詳しく解説します。

更新日:2022/6/13

ライター:勤務シフト作成お助けマン編集部

管理者の立場であれば、スタッフのシフト表を作成する作業は都度必要ですが、負担に感じることも少なくありません。スタッフのスキルや勤務条件、希望するシフトを反映させたものを作成するには多くの労力を必要とするものです。

シフト表を作成する方法はエクセルや自動作成ツールを活用するといったものがあり、実情に合わせて適した方法を選択することが大切です。この記事では、シフト管理を行う意義や抱えがちな課題、効率的にシフト表を作成する方法について解説します。

シフト管理を行う場面において、シフト表を作成してから雇用者側に都合で変更したいと感じるときもあるでしょう。「この日はもう少し、スタッフの人数を減らせそうだ」「明日は悪天候なので客足が少なそうだな」といった理由で、スタッフに勤務日や勤務時間の変更をお願いすることもあるかもしれません。この記事では、一方的なシフトカットがもたらす影響や注意点について解説します。

多くのアルバイトを雇用している企業にとって、スタッフのモチベーションをどのように維持するかは重要なポイントです。スタッフの士気が低下すれば、サービスの質が低下したり、離職を招いてしまったりするきっかけとなります。この記事では、アルバイトのモチベーションが下がってしまう原因や維持するための方法について解説します。