シフト管理シフト管理

ホテル・旅館などの宿泊業は、休みなく24時間365日稼働しているイメージはあるでしょう。稼働時間が長いため、交代勤務をする必要があり、シフト表作成は必須の業務となります。

弊社のユーザーにおいても宿泊業の方々のご利用は多く、シフト表作成にさまざまな問題を抱えており、それらを解決したいとの思いから「勤務シフト作成お助けマン」をご導入いただいております。

今回は、そんなホテル・旅館のシフト表を作成について、問題や課題、是非知っておいてほしいことについて解説をします。

超高齢化社会の日本において、介護業界はこれからますます必要とされる業界と言えるでしょう。以前は自宅で家族が介護をする方も多かったですが、介護サービスを利用する人も増加しており、そうした介護スタイルの変化において、介護施設は重要な役割を果たしています。

しかしながら、介護業界は慢性的な人手不足で悩んでおり、満足なサービスが提供できなくなってしまう施設も中にはあります。人手不足という状況もあり、シフト表作成に関する介護施設様からのお悩みやご相談も、弊社に多く届けられています。

今回は、そんな介護業界におけるシフト表作成の問題と、その解決方法である自動作成のメリットについて解説をします。

シフト表はあらゆる現場で作成されています。小売業、飲食業、サービス業の店舗や、コールセンター、システム運用、警備、ホテル、医療、介護など。曜日関係なく勤務する必要がある現場や、勤務時間が長く、交代で働く必要がある現場では必須となります。シフト表がないと業務は上手く回りませんし、店舗の場合などはお客様に迷惑をかけてしまい、売上にも影響を及ぼしてしまうものです。

そんなシフト表作成の業務ですが、自動で作成してくれるソフトウェアがあり、上手く活用して、業務効率化を図っている企業が増えてきています。今回は、どうしてシフト表作成に自動化が必要なのかという理由を改めて解説します。

深夜勤務は体に負担がかかることは、深夜勤務をしたことがない人でも、容易に想像はできるでしょう。本来体を休めるべき深夜の時間帯に活動的に働き、活動がしやすい日中に休みをとる必要があり、そのような生活を継続させることは想像以上に疲労を貯めることになります。今回はそんな深夜勤務の問題や、身体への負担を和らげる正循環といわれるシフト表作成の考え方について解説をします。

過去の記事「エクセルで効率的にシフト作成・管理!失敗しない3つのポイント」では、レイアウトやプリントアウト後のイメージに焦点を当てたシフト表づくりをご紹介しました。エクセルに少し慣れてくると、思った以上にレイアウトなどが自由に表現できることに気づき、紙で作っていた頃に比べると格段にシフト表づくりが楽になったように感じられたのではないかと思います。 しかし何回かエクセルでのシフト表づくりを続けると少し欲が出てきて、毎回レイアウトを組むことが煩わしくなったり、組んだシフトのチェックに結構時間がかかったりといった悩みが出てはいないでしょうか?

スマートフォンが普及したことで、シフト管理アプリも多くリリースされています。これまでは、従業員もシフト管理者も紙に記載されていたシフト表を確認し、スケジュール帳にメモをするなどの対応をしていました。しかし、シフト管理アプリはいつでもどこでもシフトをチェックすることが可能。確認漏れによる欠勤などを防ぐことができます。

現在の企業や事業所では、エクセルでシフト表を作成することが多いのではないでしょうか。日頃の業務で使い慣れているエクセルは、シフト表作成においても欠かせないツールといえます。

小売業の店長が毎回悩んでいるシフト表作成。そのシフト表作成を行う前に知っておいてほしいこと、注意しておかなければならない点について解説します。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。