<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2876710945885365&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

オーバーワークは双方罰則。外国人留学生の労働時間週28時間を守るには

working_hours_rule_of_foreign_workers1外国人労働者の数は年々増加しており、日本でアルバイトをする外国人留学生も少なくありません。しかし、留学生の労働時間には規定があります。違反した場合、 留学生は「不法就労」、雇用主は「不法就労助長罪」に問われるケースも あるのです。外国人留学生を雇用する企業やシフト管理者は、正しい労働条件や規定を把握しなければなりません。 今回は、外国人留学生の労働時間や違反した際の罰則、対策について解説します

  1. 外国人が日本で働くには
    留学生は資格外活動許可が必須
  2. 留学生の労働可能時間に注意
    バイト掛け持ちでも週28時間
    長期休暇特例
  3. 労働時間制限違反は双方罰則を受ける
    留学生の場合
    雇用側の場合
    労働時間制限を守るためには
  4. 大切な従業員を失わないために
勤務シフト作成お助けマン

外国人が日本で働くには

外国人が日本に滞在する場合、「在留資格」を取得しなければなりません 。在留資格は「外交」や「公用」のほか、「研究」、「教育」、「高度専門職」、「企業内転勤」など29種類の項目があります。

在留資格のほとんどは活動制限が設けられているものの、就労は認められています。また、「永住者」や「定住者」、「日本人の配偶者等」といった在留資格を取得していれば、就労に制限はありません。

留学生は資格外活動許可が必須

一方、外国人留学生は「留学」という項目の在留資格を取得して来日します。「留学」の場合、入国目的は勉学となるので原則として就労が禁止されています。しかし、外国人留学生が日本で生活するためには、ある程度の収入が必要になるケースもあるでしょう。そこで設けられているのが「資格外活動許可」です。

留学生がアルバイトをするには「資格外活動許可」の取得が必須 となります。したがって雇用主はまず、パスポートや在留カードなどで雇用する留学生が資格外活動許可を得ているか確認 しましょう。

留学生の労働可能時間に注意

留学生は、特別な許可を得て「学業に支障が出ない範囲で働く」という基準があります。留学生が労働可能な、時間は残業時間を含めて週28 時間。1週間のうち、どの曜日からカウントしても28時間を超えないようにしなければなりません。

例えば、今週のシフトが月曜休み、火曜5時間労働、水曜5時間労働、木曜休み、金曜6時間労働、土曜6時間労働、日曜6時間労働の場合を見てみましょう。

外国人留学生の28時間の就労制限をクリア・オーバーしているシフト表例

5日の月曜日起算で考えれば28時間で収まっています。しかし、12日の月曜日に5時間労働してしまえば、6日の火曜日で起算すると33時間労働となり、違反となってしまいます。

シフト管理者は「どの曜日から起算しても週28 時間を超えないこと」に注意 する必要があるのです。

バイト掛け持ちでも週28 時間

留学生によっては、2つ以上のアルバイトを掛け持ちしていることもあります。ダブルワークあっても週 28時間という労働可能時間の制限は適用される ので、シフト管理者は他のアルバイト先での労働時間を確認しなければなりません。

長期休暇特例

ただし、夏休みなどの長期休暇中は特例が認められています 。留学生が在学する教育機関で定められた長期休暇期間内は、従来の労働基準法に則り1日8時間以内、週40時間以内の就労が可能です。

労働時間制限違反は双方罰則を受ける

さて、この外国人留学生に対する労働時間の規制を違反してしまうと、どうなるでしょうか。

留学生の場合

規定労働時間を超過してしまった留学生が、 入国管理局の調査で「不法就労」と判断された場合、強制送還や罰金の支払いを命じられる可能性があります。

強制送還となると、5年間は日本に再入国することができなくなります。せっかく日本に留学して勉強した意味が無くなってしまうかもしれません。

雇用側の場合

一方、雇用側にも罰則があります。雇用側は「不法就労助長罪」に問われることとなり、3 年以下の懲役、300万円以下の罰金、またはその両方が課せられます

また、留学生の採用時と退職時にはハローワークへ届け出なくてはなりません 。「報告を怠る」、「虚偽の申告を行う」といった行動は雇用対策法に違反するため、30 万円以下の罰金となります。

罰則の対象は企業だけでなく、個人も対象です 。店長や人事責任者など、人事責任者個人も刑事罰の対象に含まれます。外国人留学生の労務管理は、個人が責任を持って行わなければならないのです。

労働時間制限を守るためには

ここで重要になってくるのは、留学生とのコミュニケーションでしょう。ダブルワークについても厳密に把握する必要があります。しっかり本人に説明をし「ダブルワークを始めた」、「別のバイト先の労働時間を増やした」といった報告をしてもらうような関係を構築すべきです。

新規CTA

大切な従業員を失わないために

今や、多くの現場で外国人留学生は貴重な労働力となっています。特に勉強のために留学している外国人は、真面目で有能な人が多いでしょう。雇用側にとってみれば、期間限定とはいえ大切な従業員であることは間違いありません。

人事責任者らは外国人留学生の労働に関する正しい知識を身につけておかないと、大切な従業員を失ってしまう可能性があります。それどころか、自身も刑事罰の対象になってしまうリスクもあるのです。

まずは、 採用前に資格外活動許可の取得を確認すること。採用後は労働可能時間を確認し、掛け持ちや長期休暇特例も踏まえた勤怠管理が求められます

今一度、留学生の労働条件を見直し、適切なコミュニケーションを図ることができる管理体制かどうかも確認しておきましょう。


シフト表作成においては、外国人留学生の週28時間労働だけでなく、その他の法令や社内の就業規則を考慮する必要があります。連続勤務は最大○日まで。1週間に休日は○日以上与える。1か月の総労働時間は○時間以内、勤務間インターバルは○時間などなど。

それだけではなく、各スタッフの勤務希望を叶えてあげることや、運営に必要となる最適なスタッフ数を考慮することも重要な要素です。

シフト表作成は手書きやExcelで作成されているケースが多いかと思いますが、人手でこれらの勤務条件を考えた上で完成させるには、非常に難しく、時間がかかるだけでなく、ミスをしてしまう可能性もあります。

JRシステムが提供している「勤務シフト作成お助けマンTime」は、各スタッフの総労働時間の上下限、最大連続勤務日数、1週間の休日の日数、勤務間インターバル、必要スタッフ数など、さまざまな勤務条件を登録することが可能。その条件を守る最適なシフト表を自動で作成することができます。

img_time_02@2x

スタッフの勤務希望をスマホで集約することもできますし、人手が足りないときは、出勤していないスタッフにヘルプ要請をすることも可能です。

2か月間無料トライアルも実施していますので、是非、お助けマンの自動作成機能をお試しください。

シフト表自動作成に関する資料をご用意しています

 

あわせて読みたい記事
労働基準法上の休日の定義とは?最低年間休日や罰則を解説
アルバイトのシフト管理は大変!シフト管理システムのメリット、特徴は?